久しぶりに学習会を開催した
学生時代に勉強が足りなかった人たちが集まって学習をした会だ
高校の先生も、大学の先生も、どこかの元役員も…みんなみんな勉強不足の人が25〜6人集まった

講師は、こんど信州の大学に転勤する茅野恒秀先生である

IMG_0134

 

六ヶ所の再処理工場の専門家である
福島に隠れて、六ヶ所がおろそかになっているから、勉強をしようという魂胆である
まぁ、先生が信州に行く前に、その知識を洗いざらい聞いおこうという魂胆も有る

まぁ六ケ所の問題は、三陸の海を守る会の会報誌に詳しく載っている
しかし、先生の話はそうなった地域の問題である
要するに過疎の町がどうやって自治体を経営していくのか?
そこにつけ込む電力会社の構図と土建屋集団の話しである

小生のおやじも利権の土建屋集団の幹部をやっていた。
そういう意味では、公共事業の利権構造の仕送りで青春を謳歌してきた団塊の世代末期である
だから公共事業に足を向けて寝られない、ときどき寝返りを打って尻を向けるが…
しかし、金の力は恐ろしい。
人の心を変えてしまう
岩手のある地方にも原発設置の話があったという
その首長は、「金を見ることに寄って住民が変わることが怖い」と言って受けなかったと言う
こんな首長が、今いるのか?

ちょうど米を配達に来た議員がいた
「まったくほとんどの議員は、金だけですよ」といい
接戦で首長戦に当選した新首長は
「応援したのだからそれぐらい見返りがないと…」
という後援者に足を引っ張られていると言う

まったくこんな政治で、

IMG_0132