玄米を炊いている
いや何時も自宅では炊いているのだが
店でメニューとして炊き始めている

自宅のガスの火力と店の火力が違うので、様子を見ながら炊き始めている
IMG_0358

ようするに65度をいかにゆっくり通過させるかが、
火力を見る基準である
ようするに、でんぷんが糊化するのが65℃である。
玄米を均一に満遍なく、じっくりと糊化させるのがポイントなのである
それを南部鉄器の釜で、二度炊きしながらじっくり炊きあげた玄米ごはんである。

炊いたご飯はしっかりと
IMG_0361

カニ穴が開いている
武田哲くんのアイガモ除草あきたこまちである