新年あけましておめでとうございます

新年早々
なぜ?おめでたいのか?という疑問が湧いてきた
単に昨日から今日に変わっただけなのに…
まぁ日付が変わって、新たな年になったからというのか…
ごちゃごちゃと、いろいろ考えさせられる年明けである

頭のなかは、そんな感じだが…
身体は、当然のように”元朝参り”に出かける準備をしていた
ふたたび
ふと元朝参りと、初詣は、違うのか?と言う疑問も湧いてきた
また、元朝参りは、おさないときに使っていたが…そういえば最近は聞かない!
今は、初詣だ。
読んで字のごとく元日の朝お参りするから元朝参りで
昼や…二日や三日のお参りは、元朝参りと言わないのか?
たぶん、それが初詣なのだろう

そんなことを考えながら雪道を歩き始めた
IMG_9929

湿ったぼた雪は、絡みつきジャンパーにしがみついてきた
年を取ったのが、痩せたせいなのか…、手袋をはめた指先が凍えた
早く着きたい、早く着きたい、と思いながらも気がついた
湿った重い雪が足を上げてもまとわりつくのである
重い。若い時のように、力いっぱい腿を上げて歩くようなことはもうできない
一歩一歩、狭い歩幅で着実に距離を稼ぐように進むしか無い
なんだか、これからの人生に似ている

着いた神社は、いつもより早かったのか、拝殿にも金殖神社にも旭龍神社にも先客はいなかった
榊山稲荷は、当然のことながら商売の神様である
金殖神社は、金が貯まる神社である
旭龍神社は、飲食業や農業の神社である
その他にも色々とあるようだが、この三点に絞っていつもお参りしている
しかし、ごりやくは無い
当然だ。いつも年初だけの一回きりの奮発してワンコインのお願いだ
そんなので、期待するほうが間違っている
なんとなくというか…朝、歩いて着いてお参りすると、ご褒美が待っている

IMG_9935

IMG_9937

 

それを周りの人に気づかないように、かけつけ三杯やらないと年が明けないのである
以前は片隅に、こも樽だけが有ったのに…
数年前からこも樽の前にお賽銭いれる三方が用意され
今はテントが張られて、升も綺麗に洗われ、ストーブまで付いている
おまけに金粉が入っているではないか?
来年あたりは、ホステスが付いているかもしれない。
今年は、うめさんというホストだったが…
しかし、こも樽なのだが…付いている人が大声で
「純米酒や本醸造やなんでも混じって入っている」と言っている
まぁ、ただだからいいか?

 

そのあとは新年会である

IMG_9960 IMG_9957

阿弥陀様と…
いろいろと、しんねこで…さしつ…さされつ…

今年も、いろいろあるだろうなぁ〜
まずは一杯やって、考えるか?