胃カメラを呑んだ
久しぶりである
「チョコレート味にするか?」
「メロン味が、いいかな?」
などと、こちらの意向は問わない。

ひげ面の医者は、どんどん太いひも状のカメラを突っ込む
何回と胃カメラを飲み込んだベテランの小生も、
「ゲェ〜ゲェ〜」
と涙を流しながら、モニターをみた
どぶそうじに突っ込むブラシのように医者は、出し入れしている
モニターは、喉から狭い手術跡、胃袋まで映しだされている
きれいな内臓だ、我ながら褒めてあげたい

IMG_4372

 

薄桃色のきれいな肉のトンネルに、ところどころ赤いものが流れている

そうなのである。
最近つばを吐くと、血が混じっていることが多い
これは、やばい。
”食道癌が転移したか…”と心配していたのである
医者は、ずるずると胃カメラ引き抜きながら

「胃酸が逆流して粘膜を損傷し、飲み込む時に傷つけるのだ」と言う
そして「薬を出しておくから…」こともなげに

食道には胃酸の逆流防止の弁がついている
それを取ったため、胃酸が逆流するのである
飯を食う時も丼を上げて食べないといけない
人と出会っても、お辞儀をしてはいけない
だから寝るときも頭を高くしないといけない
だから何時も人を見下す態度を取らざるをえない
石原慎太郎みたいだと言われるが、本当は石原裕次郎と言われたい

しかし、医者の見立ては正解なのだろうか?
ひょっとして誤診ではないか
ひょっとして専門外の咽喉癌や乳癌ではないか?
いやぁ〜もっと重篤な子宮癌では…

そんな不安を解消するために保険に入っていた
しかし、よく考えてみたら、そんなんで不安の解消になるのか?
残されたあとの人のことを考えて…と言いながら
もうかる保険会社の餌食になっていくだけではないか?
保険の伯母さんに言った
「不安を煽って、金をむしり取る因果な商売だね」と…

社会に必要な仕事は、儲からないのである。