ところが食品は昭和39年ぐらいに、ようやく米が自給できたが、すぐ米余りで減反政策ができた
国が主食である米を管理(農家から米を高く買い、市場に安く供給)していたので赤字が増大して国も面倒が見きれなくなったのである。赤字幅を少なくしようとして、補助金で対応しようというのが減反政策である
ところがそれも、止めようという動きがある
これは、食品は人間の胃袋を満たす以上に流通しないのである
モノならば、少し余分に買っておこうか?という気分になるが
食べ物は気分になっても胃袋に入っていかない。
ただただ腐るだけである