久しぶりに「講演会」なるものに行った
題名は「シンポジウム」だったが、基調講演だけ聞いてきたので小生にとっては「講演会」である
 

名前は、「人口減少社会における”豊かさ”を考えるシンポジウム」である
以前から気になっていた「藻谷浩介」が基調講演である
 「デフレの正体」はとうに買ってある。まだ積読状態である。
 内山節さんは、”ふと気がつくと近くに居た。”と言う
 友人は「里山資本主義」を読んだ。「知っている内容だが…」と言って勧められた

題名から内容は想像がつくが、
「人口減少社会」と「経済成長の可否」と「価値観の変換」をどのように論理だてて説明するのか?興味があった。
 

 結論から言うと

 都市部ほど生産人口からリタイヤする人が増え高齢化し住みにくくなる
 地方は、それに歯止めをかけられる経済簿外資産(自然)が多々ある
 それを利用したマネー資本主義とは違う里山資本主義による林業の再生が大きな鍵である
 そして子どもを産み育てたいという豊かな地域社会を作っていかなければならない

 

さすがに年間400回も講演しているから、話は聞かせる。
眠くはならない。(ちょと眠った)
数字の羅列も繰り返して見させることによって、感じがつかめた
しゃべり口調の緩急や、大小、強弱によって、インパクトの有る話し方である

内容的に驚いたのは、都市部ほど若い人が集まった結果、高齢化しているという現状である


 

そういえば都会のマンションは、ほとんどが高齢化マンションとなりつつ有る
そうだろう、中古マンションなんか若い人が買うはずがない
いやぁ〜地方に住んでいて良かった。
地方にも松園のような高齢化団地があるが、まだまだ再生ができる
藻谷いわく「家庭菜園つき戸建住宅」として…


そして
50年後は、二人で一人の老人の面倒を見る社会
昭和49年生まれが死滅した(?)ころから安定した社会が現れるという

50年後は、息子は80歳、孫が50歳、小生は110歳を超えている(生きているつもり)
そんなころに安定と言われても…