盛金デモである。
盛金デモに、アルコールはつきものである(小生の場合)
だからといって生ビールの樽を持ってくるのか?

実は、盛金デモの別バージョンをバーベキューでやろうと三人組が仕掛けたのである
それに、まんまと騙されて乗っかってしまった入道である
「脱原発だから、熱源に電気を使わないで調理して若い人たちと一緒に…」「よっしゃよっしゃ」
「河川敷で!入道さんも芋の子汁を販売してくださいね」「よっしゃよっしゃ」
という話だったが…

最後に「雨だったら河川敷は無理だから…貸してよ」「よっしゃよっしゃ」
そして当日は

「大雨で増水して河川敷が河川になっていたから、国交省がかせん」という

そんな訳で「天気が良くても野菜畑で!盛金デモのバーベキュー大会」が開催された

当然バーベキューにアルコールは、つきものである
アルコールのないバーベキューは、親鸞のいない大谷派である
アルコールのないバーベキューは、豚肉のないソーセージである
アルコールのないバーベキューは、ゴキブリの居ないアパートである(?)

そんなところに生ビールの樽をもってきたのが本日のメインゲストである
「ベアレン醸造所に勤めている」という

「おい。このビール樽。”一関市立野々市小”の名前が付いているが…」
「えぁ〜単なる番号だと面白く無いから、県内の小学校の名前を色々とつけたのです」と事も無げに言う

尾も白い

 

ビール樽に小学校の名前だぜ
まるでAKBがアッカンベーをしながらパンツまくるようなものだ(意味不明)

こんな遊び心が通じる会社は、従業員もいきいきと働いているのだろう

それが唄に如実にあらわれていた。
今の若い人たちのパワーはすごい
これを結集しないで、何をしようとするのか?

誰か!若いリーダー出てこい!

もうワシは、酒を呑んで寝る