ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

人口減少化社会

久しぶりに「講演会」なるものに行った
題名は「シンポジウム」だったが、基調講演だけ聞いてきたので小生にとっては「講演会」である
 

名前は、「人口減少社会における”豊かさ”を考えるシンポジウム」である
以前から気になっていた「藻谷浩介」が基調講演である
 「デフレの正体」はとうに買ってある。まだ積読状態である。
 内山節さんは、”ふと気がつくと近くに居た。”と言う
 友人は「里山資本主義」を読んだ。「知っている内容だが…」と言って勧められた

題名から内容は想像がつくが、
「人口減少社会」と「経済成長の可否」と「価値観の変換」をどのように論理だてて説明するのか?興味があった。
 

 結論から言うと

 都市部ほど生産人口からリタイヤする人が増え高齢化し住みにくくなる
 地方は、それに歯止めをかけられる経済簿外資産(自然)が多々ある
 それを利用したマネー資本主義とは違う里山資本主義による林業の再生が大きな鍵である
 そして子どもを産み育てたいという豊かな地域社会を作っていかなければならない

 

さすがに年間400回も講演しているから、話は聞かせる。
眠くはならない。(ちょと眠った)
数字の羅列も繰り返して見させることによって、感じがつかめた
しゃべり口調の緩急や、大小、強弱によって、インパクトの有る話し方である

内容的に驚いたのは、都市部ほど若い人が集まった結果、高齢化しているという現状である


 

そういえば都会のマンションは、ほとんどが高齢化マンションとなりつつ有る
そうだろう、中古マンションなんか若い人が買うはずがない
いやぁ〜地方に住んでいて良かった。
地方にも松園のような高齢化団地があるが、まだまだ再生ができる
藻谷いわく「家庭菜園つき戸建住宅」として…


そして
50年後は、二人で一人の老人の面倒を見る社会
昭和49年生まれが死滅した(?)ころから安定した社会が現れるという

50年後は、息子は80歳、孫が50歳、小生は110歳を超えている(生きているつもり)
そんなころに安定と言われても…

抜け道

  

栓がないから、しかたなくそばにあった稲わらで栓をしたのだろう
そうなのである。
これは栓がなかったから、稲わらで栓をしたのである

しかし、見る人がみたら一目瞭然である
ちょっと”抜けている”と思うようなところに、実は重大な生きるためのヒントが有るのである(?)

 

密閉した味噌は、ありえない
もし、密閉してあったら味噌の作った微生物が死滅している
通常は通気口がある。稲わらの栓と一緒である


一般的に味噌は、大豆と塩と米と麹で作られている
麹は、おもな原材料が三種類あって。「米」「麦」「豆」とある
それぞれに、どの麹を使ったかで「米味噌」「麦味噌」「豆味噌」と呼ばれる

麹は、どこにあるか?
麹は空中に浮遊している「麹菌」が、原材料に付いたものである
「麹菌」とは微生物である
微生物は、いきものである
「米」「麦」「豆」の原材料を餌にして、増殖するのである
発酵という現象は、微生物の増殖である
微生物が増殖すると呼吸が多くなる
発酵すると温度が上がるのは、増殖した微生物の呼吸熱である

そして吹き出すのは、微生物が原材料を分解して、その過程で出来た炭酸ガスが膨れ上がったものである。
吹き出すのを止めるのは難しい
だから、抜けるように通気口がある

その分解過程はアルコール発酵と言う

でてこい!

盛金デモである。
盛金デモに、アルコールはつきものである(小生の場合)
だからといって生ビールの樽を持ってくるのか?

実は、盛金デモの別バージョンをバーベキューでやろうと三人組が仕掛けたのである
それに、まんまと騙されて乗っかってしまった入道である
「脱原発だから、熱源に電気を使わないで調理して若い人たちと一緒に…」「よっしゃよっしゃ」
「河川敷で!入道さんも芋の子汁を販売してくださいね」「よっしゃよっしゃ」
という話だったが…

最後に「雨だったら河川敷は無理だから…貸してよ」「よっしゃよっしゃ」
そして当日は

「大雨で増水して河川敷が河川になっていたから、国交省がかせん」という

そんな訳で「天気が良くても野菜畑で!盛金デモのバーベキュー大会」が開催された

当然バーベキューにアルコールは、つきものである
アルコールのないバーベキューは、親鸞のいない大谷派である
アルコールのないバーベキューは、豚肉のないソーセージである
アルコールのないバーベキューは、ゴキブリの居ないアパートである(?)

そんなところに生ビールの樽をもってきたのが本日のメインゲストである
「ベアレン醸造所に勤めている」という

「おい。このビール樽。”一関市立野々市小”の名前が付いているが…」
「えぁ〜単なる番号だと面白く無いから、県内の小学校の名前を色々とつけたのです」と事も無げに言う

尾も白い

 

ビール樽に小学校の名前だぜ
まるでAKBがアッカンベーをしながらパンツまくるようなものだ(意味不明)

こんな遊び心が通じる会社は、従業員もいきいきと働いているのだろう

それが唄に如実にあらわれていた。
今の若い人たちのパワーはすごい
これを結集しないで、何をしようとするのか?

誰か!若いリーダー出てこい!

もうワシは、酒を呑んで寝る

 

弁当の注文が増えている
嬉しい
しかし、頭を悩ましているのは魔子様である

初めての客だったら良いが、二回目三回目だと同じ料理では問題である
同じメニューを一回目は醤油で食べて…二回目はソースで…と言う訳にはいかない

だから三日間、同じ人が食べるというと、勢い頭を抱える
こちとらは膝をかかえて、出来上がるのを待っていればいいが…
同じとこに配達だから楽ちんである

そこで、あちこちから本を出して、ひっくりかえして探しだす

今回は、こんな料理をネットで探して作ったようだ

「擬」である

擬は、「疑う」の「手へん」である
「もどき」と読む

今回は「牡蠣フライ」である

舞茸と長芋と海苔で「牡蠣フライ」ができるのである
見た目といい、食感といい。海の香りといい。まるで牡蠣フライである

本物の牡蠣フライは原材料が傷みやすい。
これは調理の前に創りだすのだから、傷まない
 

某高級ホテルのレストランは、「誤表示」という言い方をしているが
「牡蠣フライ:は「誤表示」だが
「擬牡蠣フライ」は、いいのだろうか?

変だミラー

なんか変だ。
エンジンは、なんとも無いのだが、なんか変だ
左を見たら、左の後ろが見える
右を見たら、右は見えるが…右の後ろが見えない
別にどうって言うことがないが

後ろから追い越しをかけてきた車にぶつかる可能性がある
別に右に出なければ問題はない。
しかし、変だ

バックをするときには、右後ろが見えない
窓から首を出して覗く
しかし、左の後ろがどうなっているのか、いちいち振り返らないとわからない

なるほどフェンダーミラーというのは、二つで一つの役目を持っているのだ

1万円の商品を配達して、1万円の修理代がかかった

だいたいが細い道をバックで左側の建物にぶつからないように左折しておもいっきりハンドルを切ったら、
右に駐輪場の鉄柱があるなんて…

 

デビュー

デビューした
デビューまでの艱難辛苦のみちのりは、声にならない
あの薄暗い寺の地下倉庫から、ようやく陽の目を浴びたが、ただただこき使われるだけ
焼かれて、蒸されて、水を浴びせられ、遅いと罵声を浴びせられ、不味いと怒鳴られ、毎日毎日生きた心地がしない
そんな日々が一転、なんと表「おもて」表紙に衝撃デビューである

オカマである。
その〜、なよなよしたオカマではない
某お寺の地下の薄暗いところに、くすぶっていたオカマである

晴れやかなモデルの女性が表紙を飾って並んでいる本棚に、一緒に並んでいるのである
美味しそうなグルメチックな料理と一緒に、裏方のオカマが並んでいるのである
こんな晴れがましいことはない
オカマの人生の中で、二度とありえないことであろう

 

日本を取り戻す

反原発釣り竿

こんな映像がFBで流れていた
日本人は、やはり想像力が不足しているのだろう

単なる福島や東北の問題ではなく、その影響は自然界に広くあまねく広がっているのだ
それを、一フクシマの問題に…
たんなる食べ物の問題にすり替えている
自然には国境は、無い。

 

そういえば「美しい日本」という言葉が
最近のポスターには「日本を取り戻す」と書いてあった

「美しい日本を取り戻す」と言う言葉は、変更したのか?
「日本を取り戻す」という言葉の形容詞は、何?

いつの日本を取り戻すのだ。
縄文か?江戸か?
ひょっとしたら「強い…」とか「戦前の…」とか「帝国主義の…」とか。
前に付いているのではないだろうか…(シンゾーの頭のなかには…)

「強い」唱えた大統領が、あちこちで戦争を仕掛けている

あたりまえ

こんなニュースが流れていた

阪神阪急ホテルで違う食材

こういうニュースを聞いて、「食と農」の業界にいる人は当たり前だと思う。


ところが「食」だけに携わっている人、「農」だけに携わっている人は、気が付かない

例えば
〇〇さんのほうれん草とか
☓☓さんのリンゴとか

作った総量がわからないから本当にそうなのかわからない
いつの間にか作った量の倍以上が流通している
(魚沼のコシヒカリなど)

また葉物などは、収穫時期が何時も遅れたり早まったりする
だから時期をきめて販売するなどというのは至難の業である
「11月末より寒じめほうれん草予約受付」などなど

また食の現場でも、業務用は多くは冷凍加工食品である
「業務用スーパー」が、最近どうどうとあちこちに展開している
だから調理師専門学校を卒業してホテルに就職しても
「枝豆と隠元の区別がつかない」

また大手のショッピングモールのキッチンでは
料理好きの主婦がパートで入っても
中央から送られてきた食材の袋を温めるだけの、だれでも出来る仕事である

 

多分これは「食」と「農」が、「地方」と「都市」のように分離しているからだろう
だからこそ「食農一体」が求められるが、その信頼関係はちいさなものの積み重ねでしか無い
大きなところや拡大志向では、不可能である

 

ハングル文字

韓国語の名刺をもらった
だいたいが、こんな名刺をどう管理したらいいのだ

全然読み方も知らないし、意味もわからん

名刺を整理するにの韓国人だから「か」に分類するのか
いやひょっとして「朝鮮人」だから「ち」に分類するのか
ハングル文字だから「は」に分類するのか…
なにがなんだかわからんから「わ」に分類しよう
これはOCRの名刺読み取りでは読めるのであろうか?(素朴な疑問)

いや実は、某大学の先生が「韓国でも農家の活性化というか…次期展開というか…農協の市場のような直売ではなく、農家の産直を考えている。産直先進国日本の状況を調査に来た」と言って農水省の日韓同時通訳の韓国の人と三人で来店したのだ。
日本国内を何カ所も回って最後に岩手に来たらしい

ここぞとばかりに力が入った
要するに戦後日本の復興がたどってきた歴史を東南アジアが急スピードで追いかけてきた
その結果、さまざまな問題(公害。貧富の格差。労働力の移動、教育の荒廃。拡大経済の行く末…等々)が起きてきた。本来、日本は、「このような拡大成長を遂げてはいけない」ということを東南アジアに伝えるべきだった
今頃になって「昭和三十年代が懐かしい」とか「懐かしき未来」とか日本は反省している

産直もそうである
産直など考えれば分かりそうなものである
人間の胃袋が入る容量しか食糧は売れないのに、地域経済はどんどん拡大を続けている
(もっとも、動物は獲物がいても満腹だったら襲わないが…
人間じゃ、満腹でも口に入れる、卑しい動物であるが…)

昭和30年代に、街の中に八百屋・魚屋・肉屋がありコミュニティができていた
昭和40年代に、量販店ができはじめ、街の中小の小売業を飲み込んでいった
昭和50年代に、量販店同士の統廃合で国内隅々まで量販店網ができあがり
平成に入って、巨大モールの進出で街の小売業は壊滅した
そして生鮮野菜は、車で買い物に行かないといけない産直とショッピングモールだけになり
買い物難民がどんどん生まれてきた
(ドイツでは、歩いていけるところにしか生鮮品の店は開店できないと言う法律があるという)

韓国はどのような状況にあるのかわからないが…
このような日本の状況を勉強して、暮らしやすい地域社会はどうあるべきなのか
考えてもらわないと…

ひっつみ

いつも配達するひとに東山(仮名)さんがいる。
足が不自由で、呼び鈴を鳴らすと長い廊下の先から台車のようなものを押しながらやってくる

一人暮らしだが…
いつも庭は綺麗に刈りこんである
多分、相当年金をもらっているのだろう

そして「職人さんのおやつに…」と言って、団子やまんじゅうを、いつも配達をする

今回は「あれ美味しそうだったわね。是非食べたい。東京にいる息子たちにも送ってあげたい」と言う

先日のテレビで紹介された「ひっつみ」である

「ひっつみ」は岩手の表現であるが…
江戸の下町生まれの魔子様は「”すいとん”に似ている」と言う

”すいとん”は昔、良く食べさせられた
なんとなく粉っぽいダンゴというイメージで、それが汁に浮いていた
美味しいものでも、好きでもない。単なる腹をふくらませる食べ物だったような気がする

「ひっつみ」と「すいとん」は、違うような気がする
その形状だが
「まんじゅう」と「せんべい」みたいな違いだ
それよりも、粉っぽい”すいとん”と、するするとなめらかに入る”ひっつみ”は食感も違う

ようするに小麦の塊を丸めて汁にいれるか
伸ばして入れるかの違いだろう
のばして薄くなったぶん、煮えやすく小麦がアルファー化(?)するのだろう
ようするに餃子の皮を汁に入れたようなものだ
餃子の皮と違うのは、手でちぎって入れるので
それだけ凹凸ができ、表面積が大きくなるので早くでき、また味が染み込みやすいのである

岩手の一部では「とってなげ」と言う

「ちぎってなげ」とか「「むいてなげ」とか、「こてなげ」や「うわてなげ」とか

色々言い方がありそうなものだが…

そのひっつみを「東京にいる息子に送ってあげたい」と言う
「嫁は、こちらの料理を知らないから、汁ごと送ってやりたい」と言う
「冷凍でも冷蔵でもなんでもいい。二〜三日食べられる分の汁を送って、
あとから冷凍のひっつみを食べられるようにしてあげて…」と言う

う〜ん、親心はよく分かるが…

ひっつみを汁に浮かべて、ふやけないか?
いや汁が…出汁が…悪くならないか?
それ以上に冷凍や冷蔵で食感や味が変わってくるのでは…

やはり食べ物はつくりたてを、現地で食べてこそいきるのでは…

月別アーカイブ : 2013年10月

1 / 41234