朝3時から起きていると、もう夜9時には眠くなる
まして寒い一日が終わって、もっきりを一杯やって暖まっていれば…
ちょうど9時半に布団に入って、深い眠りに落ちようとした途端

携帯電話が鳴った
こんな時間は、店の警備のセコムからだとおもいつつ、布団を抜けだした途端に切れた

着信履歴を見たら友人だった。電話をかけると
「今、テレビを見られる環境にあるか?山下惣一さんがNHKのニュースにでている」という

山下惣一さんは、農業と付き合い始めた頃よく読んだ。
農民作家の直木賞と言われる「地上文学賞」をもらった佐賀県唐津の人である
また直木賞の候補にもなった
 

20年近く前だろうか、沢内村で山下惣一さんの講演会があると聞いた
山下惣一ファンの仲間何人かで出かけた
講演会の終わったあとの交流会
山下さんと一緒に呑み、焚きつけた

「あれだけ若い人たちを扇動しているのだから、一年に一度は岩手に来て若い人たちと呑まないと…
宿泊と酒代は全部出すから、旅費だけたのむ」と言って岩手山下塾を立ち上げた
東北に来たら岩手に寄って、山下ファンの仲間と一杯やろうというのだ
 

それから毎年一度は岩手に来て、盛岡で…北上で…沢内で…
若い人たちと…秋田の人たちと…何回も呑んだ
そのうちに身土不二の本を出すのでと
当時入院中の栄養学者の鷹觜テル先生の病室へ行ったり
専立寺の住職の話を聞いたりして「身土不二の探求」という本がでた
その本の中に小生も「盛岡の友人」と言う形で登場している

ところが小生が心臓のやまいで入院してからだろうか
体調が悪いのでアテンドができなくなり
遠慮したのだろうか、徐々に遠のいていた
しかし、年賀状と新しい本が出てくると必ず送ってくる

彼は、いつも言う
「農業は消費者の問題だ。農家は自給自足すれば事足りるのだから…」