岩泉という日本一広い面積を持つ町がある
その町と盛岡の間に早坂という高原があり、その九十九折の上り下りが以前は大変だった。
そこへ長さ3kmのトンネルが出来て、冬場の凍結した急坂が解消された

公共事業に文句は数々あるが、この公共事業は認めざるをえないだろう
もう一つ沢内の山伏峠のトンネル工事も異を唱えない

その早坂トンネルと抜けると、3度も違った
道路の上の温度表示が18度が岩泉へ降りたら21度になっていた
それだけの温度差が高低差を感じさせる

その早坂光源に岩洞湖という人口湖がある
北上山地から岩手山麓へき北上川を超えて農業用水を供給するダムである
公共事業のダム工事は、色々と文句はあるが…
このダムでできた湖は、冬場はワカサギの採れる湖、そして夏は水遊びができる
高原の湖というロケーションは、いいドライブコースである

そこを走っているとほんの一瞬「岩手山」が見えた
まさか?と思ってあとで地図をみると、確かに見える位置にある
それから何時も注意をしているが…
考え事をしながら忘れてしまったり
スピードを出しすぎて、通り過ぎたり
前の車を煽るのに夢中で忘れてしまったり
今回は、晴天の青空にしっかり見えた
「よし帰りに写真を撮ろう」と思ったら
帰りは薄曇りて見えなかった(泣)

そんな「うすい岩手山」をあちこちから見た一日だった