友人が嘆いた

「子どもと話をしていない」

彼は厳しく育てているのではないだろうが…
自分自身にストイックに生きているのだろう
それが子どもにとって息苦しいのかもしれない

彼は、小生みたいに自堕落ではない
小生は、いつも魔子様に
「言ってることと、やっていることが違う」と誉められても
アイダミツオが言っているじゃないか?
「人間だもの…」と…言い訳をする

しかし、父親と長男と言うのは農家の場合、大きな問題である
技術的な問題は、親の経験と息子の革新技が衝突する
そして、それは親の強権と息子の我慢によって解決する。
そんな関係を、何組もみてきた。

「嫁と姑」という大きな関係性の衝突があるが…
その影に隠れて「父と長男」というのも、大きな問題である
友人の場合は「息子は母親とメールをしている」という
母親とメールをしていれば、そのうちに関係は回復ではなく改善するだろう

そういえば別の友人が言っていた
「何年ぶりかで息子と一緒にメシを食べた」
関係回復は、息子の結婚だった
春はかならず来るのである