桜前線が東京まで来たと言う
早い,早すぎる。
これでは岩手を通り過ごして行くではないか?

まだ花見用意の茣蓙も…花見用のテントも…
花見用の酒も…花見用の下着も…
花見用のマスクも…
まだまだ何も用意していないのだ

まして桜の蕾は、こんなんだ

 

そして花見用の弁当の用意も出来ていないのに…

これはまだ、卒業式用の弁当だ

 

これから離任式、終了式、入学式の弁当があって、
ようやく花見用の弁当の準備に入るのだ

岩手の春は、まだまだこれからなのに七十二候は

「桜始開」ころと言う

 

石割桜のいま