最近弁当の問い合わせが多い

一番困るのは「ホームページに載っているのは、いくらの弁当ですか?」という質問である


これは確か、5年前に初めて作ったサイクリングの大会(?)の弁当である
いくらで受けたのか?記憶にない
たしか「”いくら”だったら、いい?」と聞いて
「1000円」という返事を貰ったような…
ただ「1000円では申し訳ない」と言って800円にしたような
そんな弁当だから、はっきり”いくら”と言えないのである

ただ1000円とか800円とか写真を見せて値段を提示すると言うことが本当は出来るのか?
当店は「旬」に、こだわりたい
そうすると「旬」は、大量に出回るから値段が一番安くなる時期である。
一年中、またはその季節の間、値段が一定というのは、おかしくないかい
だから「800円の予算で今の時期にできるお弁当」と言うのが正しい注文のしかたであると思うのだが…

しかし、食材よりも一番かかる費用は人件費である
なんせ前日の午後から、かかり切りである
ひとつひとつ手づくりであるから、前日に数量を確認して仕込みに入る
当日は、加熱したり揚げたり容器に入れたり、するだけで手一杯である
数量が多かったり、単価が高いと、
「早く出るよ!」と魔子様の号令がかかる

そうすると大変である。店に6時出勤だったり、魔子様が一人で5時に出たり…
(最近は慣れて6時に出ればだいたいが間に合うようになった)

ただ多くの人は「採算にあわないだろう」と心配してくれる
まったく採算に合わないのである
しかし、これは農業と一緒である
農家も人件費をいれて採算をはじいたら、合うはずがない
もし採算が合うなら企業がどんどん参入するはずである
弁当も一緒。
弁当チェーン店やスーパーの厨房で弁当をつくるのは、採算が合うからである
採算が合うならどこでもやる
この手づくり弁当は、採算が合わないから手を出さないのである
採算が合わないなら続かないじゃないか?という
しかし採算があうなら大手がやり始める

いたちごっこである

しかし、ここで一つ考え方を変える
趣味である
生業(なりわい)である
生きがいである

このように資本主義経済で考えなければ、成り立つのである
そんな貨幣経済に反逆するような弁当なのである(おおげさ)

だから、問い合わせは「○○○円の弁当お願いします。御飯大盛りで…」

と言うようにシンプルにして欲しい(泣)

ちなみに最近の525円弁当(お品書きもつきます)