敬虔な真宗の門徒としては、バレンタインデーなど関係が無い
(と思い込もうとしている)

それが2枚も貰ってしまった。
つい「本気か?」と聞いてしまった。

   

*鮎の姿煮は、チョコ−レートではない;芦屋の名物なのだろうか?酒の肴である

いつのころからだろうか、バレンタインデーなどが出来たのは…
独身時代は無かったような気がする
というか
独身時代は、女とは縁がなかったけれども…

調べてみたら1970年代後半から定着したと言う
と言うことは、もう結婚して子どもがいて義理チョコしか貰えなかったはずだ
ひょっとして、その中に本気が1枚ぐらい有ったかも知れない

惜しいことをした、と思う初老のバレンタインデーである。