北上の友人から「いずし」を貰った。「めぬけ」だと言う

「いずし」というのは「飯寿司」と書くようだ
御飯を発酵させて、その中に魚を漬け込むのだろうか?
御飯と魚を混ぜて発酵させるのだろうか?
いぜんは鯖だったと想うが…今回はメヌケを漬けたという

そういえば
くろちゃんのおばぁちゃんが作った「さんまのなれずし」が旨かった
「いずし」は嫌いだった。見た目と発酵臭が好きではなかったが

「さんまのなれずし」から食べるようになったが、食べ方を知らない
発酵した御飯も一緒に食べるのだろうか?
魚だけ取りだして食べるのだろうか?
魔子様は「魚が柔らかくて切りにくい」と言っているが…

仙台育ちは、しょせん「しおびき」しか記憶にない
魔子様も江戸前育ちだから、保存食など食べたことがない
そんな二人の食文化は、刺身か焼き魚か…せいぜい鍋に入れて食べるか?である

そんな家庭に金沢の友人が贈ってきた「かぶらずし」である
蕪の間に挟んだのは肉厚のプリプリしたブリである
蕪の中に挟まれている肉厚のぶりの食感が,何とも言えない

しかし、岩手の内陸部ならともかく、北陸で白身魚の美味しい金沢でなぜ「かぶらずし」が残っているのだろうか
「いずし」は北国の文化だという

ここういう保存食の技が、だんだん失われていく
これで良いのか?