「30日まで」と松園新聞のオーナー編集長に言われていた
気がついたら1日の朝である。
blogも書かずに原稿を書き殴った。
ようやく書いた原稿をブログに横流しする。
毎月の事ながら、締切ギリギリまでペンを握らないクセは学生時代からだ

 

 

早いもので、もう二月です。先日ようやく年が明けたというのに…
二月は「にっぱち」と言って、飲食業も小売業も閑古鳥が鳴く時期です。

農家も正月は東京へ出稼ぎ(?)に言っていた息子達が、
孫を連れて帰ってきて大賑わいで疲れ果て、
2月の中頃からさまざまな農業団体の総会などが開かれ、
3月の申告を控えて1月中旬から2月の中旬までが一息つける時期です。

そんな時期に味噌造りのための豆の選別をします。
ある農家に行ったら「奥さんは?」
「豆ひろいに行っている」と言われ、
雪が降っている畑で落ち穂拾いみたいに、豆を拾っているのか?と思ったら
納屋で、むしろの上に収穫した豆を広げて
「むすかれ(虫に食われた豆)」を選別して拾っておりました。

昔、南部の国は、米が取れませんでした。
味噌は。味噌玉を作り、梁(はり)にぶら下げ、家付き麹をくっつけて、
それに塩を混ぜて味噌を造りました。
米は一切入っていない「豆味噌」だったのです。
今市販されている味噌は、ほとんど米麹を使った米味噌です。

当店では秘伝の豆を使用した豆味噌「豆蔵」を、こびる食堂の味噌汁に使用しております。
お客様からは「薫り高くて大変美味しい」と評判です。
また「豆蔵」は味噌としても販売しております

あちこちで大豆の放射能が検出されております。
当店では、放射能を検査し不検出の味噌用大粒大豆を量り売りしております。
安心して食べられる味噌、安心して食べさせることの出来る味噌が作れます。

 

電話注文で大根一本でも配達致します。
お買い物の後、配達します。手ぶらでお帰りください。

放射能簡易測定(30分)1000円です。
お孫さんに贈られる物を…
お子さんに食べさせるモノを…
量ってみませんか?子どもの将来のために…