政治学者の山崎望さんは、代議制民主主義について次のようなみごとな定義をしておられます。(上野千鶴子より)


「投票によって意思決定権を代表に託すことで選良政治の一種であり、エリート政治であることで、
背後には衆愚への警戒心があり、政治参加を4年に1回の投票に限定することで、市民の政治参加を抑制する意思決定のシステム」

なるほどなるほど
民主主義に関する違和感は、ここにあるのか?
だから市民の意思を表すデモが必要なのか?