正月早々、年賀状を書いている。

年末に一気に書く、まとまった時間が無かった、
と言うよりも短い時間を積み重ねて書くという気力が、起きなかった。

還暦すぎると、だんだんダラになってくる。
根を詰めて何かを一生懸命に、一気にやると言う作業がつらくなってきた
大体が「根を詰める」という集中力が無くなってきたのだ。
本も集中して読めない。あちこちを拾い読みしながら、どんどん本が積み重なっていく
書類もドンドン溜まる。捨てられない。

だから正月は、整理整頓の時間だ。
風呂掃除・トイレ掃除・台所掃除が終わった。
今度は、自分の部屋の掃除と年賀状書き、そして決算書類までなんとか終わらせたいモノだが…
ところが自宅のプリンターの「インクの残が少ない」と言うメッセージが出てき始めた
しかたがないので、何枚か書き終えた年賀状をもって郵便局へ、ついでに細かな掃除用品を買いに行った。

そのまえにまず、雪かきである

のっこりである。「のっこり」という表現は、「山のようにもりあがった」と言う意味だと思うが…
盛岡弁だろうか?

「盛岡は、24四時間積雪が40センチが最高だ」と誰かのblogかtwitterに書いていた
ひょっとして、それを抜いたかも、30センチ以上は積もっている

ちょと買い物に行こうと思っただけで、雪かきをして、ついでに周辺も…また次の雪かきのために…
などと身体を動かしていると、あっという間に1時間が経過する。
雪国は、そのタイムロスを計算しないと…だから効率的にうごけないのだ
そのへんが経済優先社会のなかで、地方が取り残される原因だろう

まして盛岡は除雪がなっていない
若い友人(20歳会社員)は、福島からの高速バスを途中で降ろされたらしい。
「雪が多くて市内を走れない」という理由らしい
若い友人は、餅の食い過ぎで「腹回りがメタボの直前だ」と嘆いていたから
ダイエットには、ちょうど良いだろう。

まったく盛岡市の除雪はどうなっているのだ!
税金ばかり、ぼったくりやがって…
「税務課と道路維持課は違います」という

と除雪になったメインストリートを走りながら、
脇道は、ほとんど除雪していないのに、いらつく

そしてまた、6000円のプリンターのインクジェットが
5300円もかかったことに頭に来た

トイレみたいなエライさんがいるメーカーよ
ちょっと、ひどいんじゃないかい!
こんなのが2個で5000円札が飛ぶなんて…

 

新年早々、頭に来ることは集中できるのだが…(泣)