ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

しけもく

シケモクを吸っていた。学生時代の話だ。
昨今、シケモクをしらない若い人が多い。
煙草を吸った後、煙草の火を消す。
それをもう一度、火をつけて口をすぼめて吸うのだ
当時はフィルターのない煙草が多く、指が熱くなるので楊枝を刺したり、針金を刺したりして吸うのだ
一時期はパイプを手に入れて吸ったり
シケモクをほぐして、新たに巻いて吸うと新鮮な気分になるものだった。
(巻く紙は○○辞書が良いとか、××辞典は厚すぎるとかいろいろと論議された。
 団塊の世代の学生時代の辞書は、ほとんどばらばらになっていると言う)

 

でっ!話は、あかもくだ!
あかもくはシケモクと違って、赤い木だ!
じゃない

あかもくは、海草である。
”ぎばさ”とも言う。

太平洋岸ではじゃまな海草だが、日本海側では昆布・若布に替わる海草だという
日本人は海草や小魚野菜からカルシュウムを取っていたと言うように海草をよく食べる。
このあかもくは、昆布若布が採れない一部の地域で保存食として一年中食べられてきた
そこに含まれている成分はポリフェノール・フコイダン・ミネラル・ビタミンKが豊富だという

そしてエイズウィルスの増殖を抑える効果があるという研究発表もなされている
(エイズを心配している方、是非必食(笑)

そんな,あかもくのシリーズをならべた

同級生が推薦
『大学時代の友人がやってるのだ。試食したがうめがった」と言っていた

ハンター

「北の文学」を貰った。
北の文学は、岩手の同人誌である。
65号だから30年余にわたって続けている老舗の同人誌である

貰ったのは盛岡近郊に住んでいるデモ仲間の老夫婦であった。
盛金デモで「今度の号を読んで欲しい」と言われていた。

そういえば”デモ仲間”という言葉もできた。
デモでしか、会わないが、
デモで、一週間の無事を確認し合う仲間である
 しかし、一週間に一度必ず会うと言うのも珍しい
と言うよりも、そんな関係の人はいない
家族なり会社なり、日々あっている人以外は…
そしてシュプレヒコールをあげて、そのまま言葉も交わさず目線で挨拶して別れる
なんとなくシュールである

 

そんなデモ仲間の老夫婦と会話するキッカケが「放射能を測りに行った」「北の文学の同人だ」ということだった
「じゃぁ〜○○さん知っている?」と聞くと、すぐ携帯を出して○○さんに電話を掛けた
そんな共通の友人を持っていると言う縁で、より一層近くなった
その主人が「優秀作を取ったので読んで欲しい」と言って持参したのだった

 内容は、環境庁出身のハンターらしく「有害鳥獣駆除」のはなしである
クマだけではなくカラスが結構問題になっている
カラスは、盛岡でも愛宕山の問題が大変だが、盛岡近郊の果樹地帯や畜産農家に多大な被害を与えていると言う
ついつい新聞テレビでしか気がつかないものだが、農家の被害も相当なものである
その被害に駆除が追いつかない、それ以上にカラスは賢いと言うのだ
その賢いカラスとの戦いが書いてある
アメリカみたいな銃社会だと問題だが
人が棲む里山と鳥獣の奥山との境に、ハンターは必要だという
里に下りてくるのを駆除し、まだ若いのは奥山に放獣する
そんな選別をしていると言う

そして笑えるのは、
環境省のレッドデーターブックの「一番の絶滅危惧種はハンター」であると言う
農家も高齢化しつつあるが、ハンターも高齢化して、徐々に銃を持つ人が居なくなったという
なるほど!なるほど!の一冊である。また賢くなった

 

以前、有る役場の教育員会の人から聞いた
「天然記念物のカモシカが町の境で死んでいた。
色々と手続きが面倒なので、隣村にうち捨てた。
しばらくすると、また境界のこちらがわに転がり落ちていた」
なるほど、なるほど、こんな人間同士の戦いもあったのだ

国産?

机の上に、折りたたみの小さなパンフレットが置いてあった。
誰だろう?もってきたのは?

ふと見ると、とんでもない嘘が書いてある

これでは、国内でつくれば何でも国産100%になってしまう
もっとも「国産」と言うことは「国内で作っている」という意味ではあたっているが…
牛は国産かも知れないが、輸入物を食べて出す乳は、国産なのだろうか?
日本の草地の牧草を食べさせて、乳を出しているのであれば国産だが、
玉蜀黍や大豆粕などの輸入飼料を食べさせて出す乳は、国産とは言えないだろう!

 

海産物は、もっと大変だ。
以前、北朝鮮産のアサリを九州かどこかで、再度海に沈めて「国内産あさり」として騒がれたことがある
だいたいが魚も、採れた海域ではなく、水揚げした漁港の「産」になっているという
それが福島原発の問題で、回遊魚は昨年秋から、きちんと海域表示をされるようになった
沿岸性魚類は、県境の延長をラインにしているという

こういう海産物も一生懸命に採れた場所を特定しようと努力しているのに…
(実態は、どうなっているかしらないが…)

このパンフレットはなんだ
一体全体「中央酪農会議」という財団法人はいったいなんだ?
と調べたら昭和37年にできた農協の酪農部門の全国団体らしい
昭和36年に第一次農業基本法ができ
「他産業並みの所得を!」「単一生産の規模拡大」路線が打ち出されたときにつくられた団体らしい
どうりで既得権にすがって、生産者から搾り取っている役所への圧力団体そのもののという感じだ

自給率が問題になっているのは、畜産の飼料がほとんど海外からの輸入だから低くなっているのだ
さまざまな自給率があるが、問題になっているのはカロリーベースの自給率である
それが40%を割っていると言う
ところが野菜はカロリーが低いから、自給率をカウントする作物に入っていない。
 野菜を入れないで穀物や魚肉のカロリーだけで人間は生きていけるのか?と言う問題はさておいて…

40%を割ったのはカロリーが高い肉や穀物をベースにした自給率であり、
当然のことながら肉を作るための濃厚飼料(とうもろこし、大豆等々)は、殆どが輸入である
そして鶏:豚:牛、すべて大規模でないと採算が採れないから大規模企業畜産になり
大量の飼料を輸入するから自給率が下がる、
そうすると大規模にやって儲かるのは飼料の輸入会社で有り
生産者は、日々大忙しの毎日のなかで単に飼料の回転のために働いているようなモノだ

海外から原料を買って、国内で組み立てる。
なんか工業製品と一緒と感じるのは、小生だろうか?

しかし、こういうパンフレットを堂々とばらまいている奴の顔が見たい!

計って測って量りまくる

薪ストーブの焼却灰を測った。
焼却灰の放射能濃度の測定である

今年5月に測ったのは1800Bq/kgあった。
今年5月の焼却灰は、1月から4月まで燃やした昨年間伐した杉材である
つまり、3.11の影響をもろに受けた間伐材をもやした灰である。

焼却すると四十倍に濃縮されると言うから、約4〜50Bq/kg降っていたということであろう
しかし、大地を測ると100〜500Bq/kgぐらいは岩手で検出される
当然、福島で大量に降った地域では…もっとであるが…
また多分、岩手よりも北関東が結構高いとおもわれる。
そして都会は舗装が進んでいるから下水道や川から、海へと言う流れで江戸湾など蓄積されているかも知れない
東日本はの汚染状況は、いったいどこがまとめているのか?

今回測った焼却灰は、今年の間伐材である。
今年の春夏に間伐し、秋に干して燃やした第一回目の焼却灰である
ようするに3.11後、一年経過した杉材である
雨に打たれ、雪がつもり、セシウムも地上に殆ど落ちたと思われるような間伐材である
結果は480Bq/kgである。

四十倍に濃縮されるというと大体10〜50Bq/kgである
3,11で降ったセシウムがこびりついた残り粕が検出されたのだろう
しかし、3,11以前はどうだったのだろう?
新潟大学の先生は、
「3.11時点でチェルノブイリ由来のセシウムは、約20Bq/kgあった」
と言う話を聞いた。とすれば
今回の間伐の杉材は、ほとんど無いと言って過言ではないだろう

 

そんなデーターを少しづつ、すこしづつ取りながら5月より900点の試料を測定した。
測定は、丁寧に慎重に試料を扱い、高価な検出器を汚さないような対応が望まれる
片手間で今まで続けてきたが、いよいよ測定ボランティアが稼働し始めた

定年退官した大学の先生(高分子、化学、機械工学)達や、
元試験場の研究員や知識欲に溢れた主婦など充実したスタッフがそろった。
今回はそんなスタッフと、世話人の間の交流会が開催された

あとは、岩手の試料を計って測って量りまくるだけである。
そこからしか、岩手の安心は見えてこない。

でもしか先生

病院を退院してから直行して盛金デモに向かった。
途中で病院のパジャマを脱ぎ捨て、暖かい服装に着替えたが…
それでも寒い
しかし気が小さい小生は悩んだ
「病み上がりで酒を呑んで良いのか?
三日もベッドに縛り付けられで、アルコールを抜いたのに…」
と言う事で初めてアルコールなしで参加した。
しかしアルコールなしで参加するというのは、褌を締めないで生きているような物である
大切な基本的な〜モノが、あっちへふらふら、こっちへふらふら定まらない。
しかたがないので、のぼりを持って歩いたが
「病み上がりが杖をついて…」と言われた(悔しい!!)

病み上がり盛金デモ

デモは、こんなに寒いのに、50名は集まっている。
そして主催のトサカ坊陰鸞は説明する
「シュプレヒコールは「未来」は使っちゃいかない」
いったいぜんたい、この国に未来はあるのか?

このデモは
「再稼働反対」「即時廃炉」を訴えているが、この選挙の結果は一体どうしたことだ

 多くの人は○民党へ投票したのではない○主党への批判だ。
 解説者はしたり顔で言う「○民党票は増えていない。小選挙区制の仕業だ」
 ○部総裁も、○破幹事長も「信任を得たのではない。○主党にたいする批判票だ。」
と言いながら、隠していてもにじみ出てくる笑みが満面に広がりドアップで流れる

そして、もう選挙が終わって二日も経っていないのに、再稼働容認などの文字が新聞に踊っている
 

やはりデモしかない!デモしか!

むかし、でもしか先生というのがいたが…
 先生にでもなろうか?先生にしかなれない?
今や価値観が変わって、あこがれの職業である

いつかデモで社会が変わるという現象が起きるかもしれない
(「起こすのだ!」デモハム屋 談)

それまで大人しくアルコールを抱えながら牛に引かれて歩くしかない(泣)

投票券

投票日の朝、玄関先の投票券をもって家を出た

投票は7時からだが、7時前に店に行かないと…
朝一番の投票は無理だから、途中抜け出して…

そんな事を考えて店に出て、薪ストーブに火を入れ掃除をしていたら
朝早く電話がかかってきた
誰だ、こんなに早く!

「あんた投票券を持って行ったでしょう」魔子様からである
「あ〜あ」と生返事をすると
「私のも持って行って…」
「いや名前を確かめた。確かに入道と書いてある奴を、持って来た」
「あんた、そこに二人分くっついてんのよ。店に出る前に行こうと思っていたのに…」

よく見たら、連名で切り取り線がついていた
いつも店の帰りがけに一緒に投票に行くので気がつかなかった
へぇ〜こんなの合理化しているのだ

じゃ〜独り者はどうなっているのだ?
愛人と同居しているのは、どうなるのだ?
離婚調停で別居しているのはどうなるのだ?
単身赴任者は、どうなるのだ?
単身赴任の留守家族は?
いつも喧嘩をしている老夫婦は、どうすんだ!

次から次へと疑問が湧いてきた
こんな事を合理化するよりも、議員の数を減らせ!
新幹線の無料パスを止めさせろ
なんでも合理化すればいいという物じゃない
個人の尊厳を守れ!
と大声で言いたい

そんな投票日の夕方、大手マスコミの盛岡支局に弁当を届けた
開票の特集体制だろうか?
大人数の弁当だが、まだ静かな事務所には栄養ドリンクが山と積まれていた

  

絶食と断食

絶食をした。と言うよりもさせられた。
誤嚥性肺炎のためというか、その原因である食道の傷口を刺激しない為である
「水も飲むな」と、ひげ面の医者と非情な看護婦は言う
しかし、恐ろしい物だ。
三日間点滴して、口から一切何も取らないのの体重が変わらない。

これでは食べてダイエットなどは、嘘だ!
「痩せたいなら食べなさい」という本を間違えて二冊も買ってしまった昔や
「水はいくら飲んでも良いから…」と言われて三十年前に絶食をしたことを思い出した
絶食というか、その時は断食と言っていた

商社をやめて盛岡に戻ってきた三十年前
(その時に生まれた子供が今年30だから、いくら頭が老化していてもすぐ計算できる。
そうでなければショーケンが覚醒剤でとっつかまったり、寺山修司が亡くなったり、そんな時だ)

10月に盛岡にやってきて子供が生まれ、11月の寒さの中で大通りのさわや書店でその本を見つけた。
たしか「断食のすすめ」だったか?(その本が無い。誰かに貸してそのままだ!)
当時、自動車学校に通っていたが、一区切りついた年末の慌ただしいなか、奈良県の信貴山に向かった
商社にいた十年間の老廃物をすべて宿便と共に、洗い流そうと思ったのである
聖徳太子が建てたと言う信貴山の朝護孫子寺の門前町にいった。
お寺なのだが、鳥居があるのだ
お寺なのだが、クリスマスパーティがあるような物だ(どこかは知らん)

財布は取り上げられて一ヶ月、門前町だから食べ物屋から良い匂いが流れてくる
そんな苦痛と我慢の日々を年末年始とすごし、
10日の減食10日の絶食、10日の増食(?)の日々を過ごした
絶食明けのその日、初めて口に入れた「梅干し」と「大豆と昆布のたいたん」が今でも忘れられない

それに比べれば、今回の絶食明けは…感動が薄い

しかし、感動するような食事の記憶を、今の若者は持っているのだろうか?

そういえば今週末は、お母さんが子ども達(高校生だが…)の集まりに当店の弁当を注文してくれた
子ども達に食べ物で感動させることができれば…

注:宿便を出しに断食をしましたが、出ませんでした。
宿便というのは無いそうです。(ためしてガッテンより)
 


 


 

深遠

「嚥」と言う字を調べてみた。
今回の騒動の「誤嚥「の「嚥」である。
ツバメにクチ、だからツバメに縁があるのだろうと想ったら、何もない。
なんか、ノドという意味らしい

こういう時、漢和辞典は便利だ。
偏からも、読み方からも、画数からも調べることができる
 国語辞典だと読み方が分からないとお手上げである
 英英辞典だと、英語に翻訳しないと開けない
 古語辞典だと開けても、意味が理解できない
 独語辞典だと、その時点でアウトだ!調べようもない(泣)
こんな優れた漢和辞典がなぜノーベル賞を貰わないのか?
ノーベル委員会に聞いてみたい物だ
話がずれた

また英語のswallowは、球界ではヤクルトだが…(?)
意味はツバメという名詞と、動詞で「飲み込む」と言う意味がある
なんでswallowが”飲み込む”なのか?飲み込むのは巨人か?

しかし、分かったことは
英語と漢字は、相関関係だということだ!(本当か?)
ひょっとしたら相愛関係になったりして…
まちがえて男女の仲になってしまって…(意味不明)

ところが何も関係が無い。単なる偶然だという
なるほど漢字だけでない、男と女の出会いも偶然だ
一歩間違えれば、すれ違っていたのに、
10円玉を拾ったばかりにタイミング良く出会ってしまった夫婦もいる
良かったか悪かったかは別として…

しかし、みんなでよく考えて見よう
なんで出会って、こんな状態になっているのか?
あのとき、香典泥棒に火葬場に行かなければ…
あのとき、アベック喫茶で紅茶をこぼさなければ…
あのとき、トイレと間違えて電話ボックスでしゃがまなければ…
あのとき、逆方向の電車に乗ったばかりに…
あのとき、立ち呑みで、1万も呑まなければ…
あのとき、仏心を出して、親切にしなければ…

こんな出会いは無かったのに…

「誤嚥」は「ご縁」につながる!
「深遠」な話である?

orzorzorz,,,,,

 

 

毎日被爆

なんだか渾身のblogを書いたら、途中で一気に消えた。
しかたが無いので、適当に書く(泣)

誤嚥性肺炎で入院をした。
緊急入院である
緊急入院であるから、とうぜん救急車で通勤(通院)した

いつもの湯豆腐セットで晩酌をした。
少し酒を減らそうと、冷凍うどんを湯豆腐の残りのだし汁にいれた
暖めてから、豚バラ肉を入れて生醤油でたべるのである
これは池波正太郎に教わった。
池波正太郎をしらない若者が多いが嘆かわしい
まるでAKB48をしらない老人と一緒だ。(?)
  そういえば昨日から今朝に掛けてAKBの日だ。
  赤穂武士(AKB)48人が討ち入った日だ
そんなことはどうでも良いが
そのうどんだ
ずるずると…するすると…入って行った
当然である。うどんはずるずると音を立ててすすり立てて食べるモノである
清楚な女子高校生も、まったりとした熟女も、禿頭のオッサンも、みんな仲良く一緒にズルズルと音を立てる

きもちよく入って行く物だから、忘れていた
小生の食道は、ヒョウタンになっているのである
途中締まっているのである
途中で締まっていないメタボ中年婦女がいっぱいいるが、小生の食道を見習って欲しい
そこへ、留(とど)まってしまったのである。
「しまった」
と思ったがもう遅い。
これを流し込まねば…というので水を飲み、炭酸を呑み
水の代わりに焼酎のお湯割りを…
炭酸の代わりにハイボールを…
それを、二リットルも呑んだだろうか?

おちていかない
それどころか、食道のあたりに異様な異物感が…
飛んでも跳ねても、落ちていかない
こういう時は、逆立ちを…(逆立ちは出来ない)
仕方ないので安静にして上半身を揚げて横になった
しかし、食道がゲボゲボ言う
眠ろうと想ったが眠れない
いちど吐いてみようとトイレに行った
トイレで吐いたのは茶色の痰のような物だ
なんだろう
それからしばらくして、また行った
こんどは鮮血の液体だ。
それと同時に寒気がしてきた
いくら布団をかけても足先が寒い。
ストーブをつけ電気カーペットをつけ羽毛布団にくるまって、横になった

 

朝、弁当で早く行かないと行けない魔子様が起きてきた
「どうしたの?」
「うん、ちょっと寒気が…口から吐いて‥血が…」
「救急車で病院に行ったら…」
「サイレンの音を立ててきたら恥ずかしいだろう」
「恥ずかしい歳じゃないでしょう」
「わたし弁当で忙しいから、ひとりで行って!」
という訳で一人で救急車に乗って行った
病院は暖かかった。

 
絶食と点滴三昧の三日間、毎日被爆をして
「胸の白い影が、無くなったね」と言われてむりやり出所してきた

やはり娑婆は、いいなぁ〜

休養中

 

只今、入院のためお休みを頂いております。回復は早くそのうちに退院出来る模様です。お急ぎの件は、お店まで連絡ください。

月別アーカイブ : 2012年12月