朝、店の掃除が終わって朝食がてら、”ちびラーメン”をすすっていると
(水分と一緒に食事をこまめに取らないとカロリーが摂取できない。
スープご飯でも良いのだが、良く噛まないといけないので不意の来客のとき困る。
また飯類は胃に落ちた後,すごく眠くなる。消化のため胃に血液が集まるからだろう。
店にいるときは、だいたい”ちびラーメン”か”春雨スープ”をすするのが食事だ(泣)

携帯が鳴った。仲間のエグザイルでないほうのATUSHIだ
「新聞読んだ?Fさんが新聞に出ていた。なんでこんなのが記事になるのだ。当たり前のことなのに…」
新聞を広げた。どこにも載っていない。隅々までみた。そんな名前は見あたらない
どこにあるのだ?
と思った途端、気がついた。1日前の新聞だった
次の日の新聞も隅から隅までみた。どこにも載っていない。そんな名前は見あたらない
どこにあるのだ?

と思った途端、見つけた。社会面のトップ記事だ!
そんな大きな記事になっているとは、気がつかない。

なんでも農業委員会の会長選挙での贈収賄だという
農業員会というのも、一般市民の人は何をする委員なのか?分かっている人はいない
以前、ある農家が言っていた
「農業委員は、公職選挙法で選ばれるのだ」と
公職選挙法で選ばれる農業委員になりたいような口ぶりだった。
 だいたいにして農家は選挙が好きである
選挙の時は、夜、あちこちの門に立って見張り番をするという
「なぜだ?」と聞くと
「他陣営が、戸別訪問するのを見張るためだ」と言う
そのおかげで部落が、分割して戦ったりして禍根を残す
あやまった民主主義の多数決主義が、入ってきてからおかしくなった。
それ以前は、部落の決めごとは、時間を掛けて納得して全員の賛成の元に決めたはずなのだが…

農業委員は、地域の農業のために農家登録や農地法の判断をする機関らしい
新規就農をしたいと言っても、ここでダメと言われたらできない
農地を宅地に変更したいと金儲けを考えても、ダメと言われたらできない
しかし、ダメと言われても、県が「良い」と判断したら出来るらしい
ようするに市町村の農業員会は参考意見を述べるだけで、そんな権限はない
しかし、これを足がかりに、議員になる道筋があるらしい

そんな農業委員会の会長選挙だ。議員の選挙は、公職選挙法だが
議員の中で互選する会長選挙も、公職選挙なのか?
また農家の間では、酒のやりとりなど当たり前のことだ

それに9月に終わったことが、今蒸し返されている
なんだか謀略の臭いがするのは、小生だけだろうか?
H市は、三つの町村が合併した市である。
その辺の勢力争いというか、地域間対立にマスゴミがあおり立てているのか?
 

Fさんは、農業に熱心な人だった。
ぼかし肥料を何種類も作って研究したり
光合成細菌を、培養したり
子ども達にオジギソウの苗を作って直売所で売らせたり
そうそう、以前は俳優もやっていたと言う
倍賞千恵子主演の「同胞(はらから)」に、青年時代出演していた
ゆくゆくは、村を背負ってたつ人だと想っていたが…
○沢○郎と一緒だ。目立つと壊されてしまう。