飛行機雲である。
これは飛行機が飛んだときの排気ガスと思っている人が多いが、飛行機のオナラではない
また乗っている人が集団でオナラをした跡でもない
本当に変なことを思う人が多い

これは排気ガスの中に含まれている水分が冷えて白くなる現象だという
冬、冷たい手に吹きかけた温かい息が白くなることから、自明の理であろう(?)

つまり飛行機が空に向かって息を吹きかけた痕跡である(??)

そんな飛行機雲が長々と雲を引き、それがなかなか消えない時は天候が悪化するという
これはノー天気な天気予報ではなく「観天望気」である。

「かんてんぼうき」というのは。魔女が乗っている”ほうき”ではない
要するに自然の現象から予想される天気予報である
たとえば‥

夕焼けの次の日は晴れとか‥
蛙が鳴くと雨とか‥
カマキリの巣が高いときは大雪とか‥
下駄を蹴上げて裏が出たら雨とか‥

天気予報は確率が80%だという
残りの20%を観天望気が補うという

飛行機雲はなかなか消えないが
天候は、悪化するのであろうか?

ひょっとして悪化とは、晴れが続くと言うことか‥

  

ビールを飲みながら考えた!