もりかぜに行った。
多くの人は、「もり風邪」とは15でねぇやが嫁に行き、風邪を引きながらも子守をしたと言うイメージを持っているが‥

違います。

元気溌剌、ねえやも大人も子どもも、みんな仲良く子守が出来る空間の創造請負人の集団です(ビフォーアフター風)

そうです「森と風の学校」です、

行ったら、一心不乱に何か作っておりました。(後で聞いたら絵本文庫の渡り廊下でした)

しかし、面白い。スタッフの顔だけではなく、とにかく面白い
大人も、わくわくする空間である。

  

      

(手づくりブランコに乗っているのは、見えにくいですが初老の大人です。)

そんな空間に森と風の学校の応援歌が流れた

唄う公務員を卒業し、岩手の応援歌を唄う応援団長youzenである。

いい唄だね。い〜い唄だね。ほんといい唄!

しかし、まだアップしていない。
ヒップアップだけでなく、バストアップだけでなく
早くアップしてほしいものだ。

アップアップの応援団員より