「青い空と白い雲」
この言葉では夏の空だが…
それに黒雲が重なると、不気味な…異様な…空になる

 

そんな梅雨の晴れ間に、客が聞いて来たという
「この”プランターの土”、放射能検査しているの?」
50代か60代の女性だという
プランターに入れる土である。

家庭菜園をやっているが、妊娠中の娘が帰ってくる
従来の露地の家庭菜園は、汚染されているかも知れない
プランターで作って食べさせてあげたい

たぶん大丈夫だろう
小生が応対していたら「大丈夫ですよ。野菜は吸収移行係数が非常に小さいから…」
と言って家庭菜園で行うことを進めるが…

 

客と話をしているとお爺さんが隣の席に座っている
検査が済むのを待っているらしい
そうしている間に、やってきた黒ちゃんと、ながながと話をしていた。、
黒ちゃんに「何の話をしていたのだ?」と聞くと
「放射能が心配で、心配で、誰にも相談できず。
今年も家庭菜園をやって良いのか…?
出来た物も食べて良いのか?
分からなくて一人で悩んでいる」という話だ
「いくつぐらいの人だった?」
「たぶん50代のお爺さんです」 (ムッ!小生は(61歳)お爺さんか?)
横顔からみると小生より上の年齢だが…
黒ちゃんの話を聞いて、ニラの検査をしてもらって安心して帰って行った

 

青い空に白い雲のような3,11以前。
暗雲が立ちこめた3.11以後は
「野菜を売るのではなく、安心を売る商売に変わっていった」

心の暗雲を吹き飛ばすには、まずは再稼働は止めさせないと…