ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

しおからで一杯

美味しそうな塩辛を貰った
さっそく食べようと思ったが…
なんだか変だ

塩辛にしては、すこし水っぽい
塩辛にしては、こなれすぎている

 

そうなのである(なにがそうなのか?)
これは川目だ!

川で採った山女だから川目である(盛岡に川目という地名がある。だからなんだ!)
水で採った山女だからミズメである(何を言っているのかわからん)

 

真相は(なにが真相だ!)
山女をフードプロフェッサーで粉々にぐちゃぐちゃにしたものである
これぐらいぐちゃぐちゃでないと、墓でない=計れない

「閉伊川で獲った山女を計ってくれ」と言われ「フードプロフェッサーでこなごなに…」
と言ったら、こんな状態で持参してくれた。これならすぐ計れる

日本海側の河口の泥が放射能濃度が高いという
東京湾は、もっと高いと思う
なんせ東京中のセシウムが全て流れ込んでいるのだから…
(江戸前は大丈夫か?男前も…(?)

結局、降ったセシウムは山から川へ、
そして行き着く先は海なのだから…海で薄まって攪拌されて…
最後に水産物に蓄積されるのか?

そのまえに川魚で、塩辛作って一杯やろうという話だ
で計った結果は?
それは内緒だ。会員登録した人にだけ教えるのだ!

はだかのまち盛岡

朝、自宅を出る

当たり前だ
自宅ではなく、愛人宅だったら…
自宅ではなく、ラブホテルだったら…
そういう状態では、きっともめるだろう

誰と?
まぁ、いろいろな人とである。(汗)
 

いつもバタバタとして、車のキーをもち、新聞を小脇に抱え出るのだが、
その日はちょと余裕が有ったので、新聞受けをみたら新聞と違う物が入っていた
これは店には持って行かない。と玄関の下駄箱の上にぽんと置いた

そしたら眼に飛び込んできた

はだかのまち盛岡

なんとユニークなことをやるものだ市役所も

いよいよはだかで打ち出すか?

「三大麺 麺の町盛岡」
「自転車の町、日本の北京」とか
「さんさ踊りの盛岡」とか
「啄木と賢治の町」とか

いろいろと打ち出してきたが

新幹線が秋田へ青森へと延伸すると、あっという間に通過点になってしまう
せめて通過点ではなく、分岐点になってほしいものだ
とつねづね思っているが…

いよいよ裸で観光客を、新幹線から引きずり下ろすか?
しかし、そこまでやるかぁ〜!市役所!

とよく見た

なんだ!ゆかたか…

裸だったら、率先して女子職員からお願いしたい物だと思っていたが
全員でなくていい…全員でなくても…

浴衣だったら、腹が出ていないと似合わない
小生の出番は無い(泣)

初夏のある日の他愛のないスケベな話だ

ついで

牛豚一家の組長が、大々的に取り上げられブレイクしている
ブレイクしているのは顔では、ない。まぁ、ちょっと顔も…一部だが…

このごろ有名人だ。
夜の7時半からの「ホールドアップ現代」にも…
毎朝やっているいまいちの番組「アサイチ」にも…
全国ネットばかりで…地元は…、なぜか…
そういえば組長の姉御も、日本薄謝協会の7時のニュースに二回も取り上げられている

夫婦で有名だ
どうりで名な人が集まる所へ住んでいる
ひょとしたらあそこは岩泉のビバリーヒルズなのか?

今、出始めです。
お買い求めの上、ごらん頂ければ幸甚です
お買い求めの金子(かねこではなく、キンスです)がなければ、お店でも見られます
給料の少ない副住職は、じっくりと読んでいきました

お店も、”店主が怖くて、しかたなく、ついでに納品に寄った八百屋”と書かれております(泣)

放射能と坊主

葉物のみじん切りを持ってきた

「フードプロフェッサーが無いので。ミキサーをかけてきた」

と言いながら
これではスカスカで十分な測定が出来ない

やはりこれぐらい切り刻んでもらわないと…

 

放射線測定は、密度と時間である。
十分な時間をかけて、容器にぎゅうぎゅうに詰めて測る
 

ようするに気まぐれなのである
時間が短かったり、かすかすの詰め方だったりすると、いい加減な数値がでる
きっちり詰めて十分な時間をかけると正確な(誤差が少ない?)値がでる

 

お布施次第で、お経の長さと声の張り上げ方が違う坊主のような物である
十分なお布施を包めば、長くて濃密なありがたいお経をあげてくれるが、
すくないお布施では、簡単にすませてしまう
(小生の知っているところは、そんなことは絶対にない)

放射線と坊主は、同じような物である
坊主の話は、あとから効いてくる
微量放射能も、20年後に効いてくる。


しかし、どれから微量で。どれから大量なのか?
わからんのが、くせ者である(坊主も…)

西洋南瓜

ズッキーニが出てきた。
二週間前ぐらいから出てきているが…

それを和風ソテーして弁当のメニューにしたと言う

和風ソテーとはなんぞや?
そもそもソテーとは?

と言う奥深い疑問にかられて調べてみた

なんと「醤油炒め」である。
炒めて醤油を垂らしたと言う料理である
そんな気取らずに言え

「西洋南瓜醤油炒」と

今でこそ当たり前になったが‥
17年前、店を始めたときには、ズッキーニはまるで売れなかった。
料理のしかたが分からなかったのである
また農家も、「大きいことはいいことだ」「重いほど、大きいほど、高く売れる」と勘違いしたのだろうか?
50〜60センチのズッキーニが店に並んだ。
そして「クセが無くて美味しい」と食べていないのに、POPを書いた物である
ズッキーニは、胡瓜ににているが、カボチャの仲間である。

そんなズッキーニが手代森の藤村農園から…岩手町の田中清憲から出てき始めた
ようやく旬の弁当にズッキーニが加わる

乳梅

暑い日が続く。
南方では梅雨が明けたという
岩手は、まだ乳梅である。

変換が間違えていると思っているだろうが…
岩手では、乳梅から初々しいおっぱいになって、デカパイになり、萎びた垂れ乳になって、梅雨が明けるのである。(嘘)

そんな時期の梅雨の晴れ間の岩手山である。

そういえば「岩手山オタクのアッキャ」は、無事に子どもが生まれただろうか?

  

  

怒り心頭!

 

土を貰った。単なる土である。
別に、牛のウンコとかが混じっているものではない

甲子園のように記念の土でもない
陛下がお手植えの水田の土でもない

ちょっと水分が多いが…
福島の土である。

「これを測ってくれ」という依頼と「これを測りたい」という人がいて
合意は成立した

 

空間線量をベクレル表示に直す公式をしってるかい?
知らないだろう?
これは試験にでるぞ!と昔、脅されたが…
 

土中のベクレル(Bq/kg)に50をカケル(㎡に直す)、そし40万で割る。
それが空間線量μSv/hの目安だという

 

首都圏で高い柏や江戸川では、空間線量が0.1μSv/h強だから
空間線量からBq/kg表示に戻すには、逆にする
つまり  0.1μSv/h×400000÷50=800Bq/kg
しかし、高いね
これが全て下水道処理場を通って、東京湾に流れ込むのだ
 

盛岡は、0.03前後だが…
盛岡なら 0.03μSv/h×400000÷50=240Bq/kgだ

東京は、盛岡の三倍強ある。
しかし盛岡は、表土五センチ以内に98%吸着されるという

 

それでは福島の土は…
と言う事で測ってみようと思ったが…
「危険だ」「あぶない」「手袋をはめて…」「マスクをして…」

  

テロリストに奪われないように厳重に管理して、慎重に容器に詰めた
(土は福島に返却するようになっているが、記念にガラスに入れて…と思ったらそれでも放射線は通過して出るという)
しかし、水分が多い
含水率は50%ぐらいあるか?
そうすると半分ぐらいになってしまう

空間線量が約1,5μSv/hと言っていたから…

1.5μSv/h×400000÷50=12000Bq/kg
含水率が50%とすると6000Bq/kgか?

焼却灰の一般廃棄物基準が8000Bq/kg未満だから、一般廃棄物程度だ!という予想だ
予想が当たるか?外れるか?乞う、ご期待!

と書いて、寝た。
そして翌日 
結果が出た

なんと14000Bq/kg

う〜ん公式はあたっている(感心!)
そして綺麗な波形がでた

しかし、こんな地面の中で暮らしていると言う福島の人の事を思うとやりきれない
湿っているからいいようなものの
乾いて風が吹いて舞う季節になったら‥
外で遊ぶ子ども達は…

人間が暮らしていける環境なのか?どうだ?
政局ごっこ、やってる場合じゃないだろう!

税金を上げるのじゃなくて、米国債を売れ!
そして国民の生活第一だったら、叡智を集めて福島を何とかしろ!

と怒り心頭! 

おおきな腹

岩手食文化研究会に出た。
総会である。総会は出たことがない。久しぶりである。
ところが部屋の番号を忘れた。

場所は駅裏のアイーナである。

だだっ広くて、真ん中に吹き抜けがドーンとあって、「節電は無理、再稼働賛成」と言うビルだ。
そして細かい部屋が至る処にあって…「○階の○○号室」と言われても、なかなかたどり着けない
ここが弁当の配達先に月に何件か指定される

結局探し当てた時は、総会は終わっていた(泣)
しかし、総会が主目的ではない。
その後の講演会で八木澤商店の河野和義会長が話をする
3.11以降、何回か会って話はしているが、まとまった話を聞くのは初めてである

相変わらずである。笑わせ、しんみりとさせ、そして納得させる。
あの迫力有るだみ声でしゃべる話術を、以前、大分マネをさせて貰った。
 

3.11の時「河野さんは無事か?どこへ行った?」とネットで騒がれた
なんと上野駅のそばで新幹線が停まり、岩手に帰るところだったと言う
twitterで流れていたのは、東京を歩いていて偶然に見つかったという話だったが…

そんな河野さんと出会ったのは、県職員の「ひこ」の紹介だった
たしか陸前高田の農業フォーラムにパネリストとして参加をし、そのコーディナーターが河野さんだった
そのときの基調講演は、有機農業で有名な宮崎県綾町の町長だった「郷田」さんであった。
それ以来だから、14〜5年になるだろう
あちこちの会合で…そして大通りの呑み屋で…でくわす
長い付き合いである。

息子に社長を譲ってからは、大きな原を揺すってあちこちでしゃべりまくるのだろう
しかし、「高田にいたら、俺は死んでいた」と言う
そうだろうね。津波が来て6分で陸前高田が壊滅した。
それを逃げるのは、あの腹では容易ではない(笑)

どうすんだ野田総理!

久しぶりに八幡宮へ行った。
別にお参りに行った訳では、ない。
たまたま車を置くところがないから、仕方なく行っただけだが…

あいかわらず、何かイベントをしている
今日は学童クラブのイベントをやっていた
そして出店が…暇そうである

 

ついでにお参りをした。ついでだ…
そういっておかないと。お寺さんがうるさい

そして、ついでに二礼二拍手をして
商売繁盛、家内安全、原発再稼働反対、荒唐無稽、食欲増進、鯨飲馬食
金欠解消、一攫千金、愛人募集、精力絶倫、八方美人、
100円で、多くの人の願いを頼めるだけ頼んできた。
個人的な欲望も少しある(微笑)

 

そしておみくじを引いた『末吉」

良く解釈をしよう
すえよし=末は良いのだ
しかし、今が良くないと、末までたどり着けないが…(泣)

どうすんだ野田総理!

あんなのや、こんなの

名の通ったお菓子屋から、弁当の注文を貰った
食べ物を作る店からの弁当の注文?
なんだか違和感があるが…

まぁ金になるからいいか?

と言って作った

麻婆茄子である

アスパラのペペロンチーノである

短角牛のチャプチェである

信太巻である

それを組み合わせると

こんなのが出来たり

あんなのが出来たりする。

それを毎日考える魔子様である。
それを採算が合わないと嘆く入道であった。

月別アーカイブ : 2012年6月

1 / 41234