テントウムシがいた。

有機農業にとって虫は、天敵である
しかしテントウムシは、害虫ではない。
益虫である。
アブラムシを食べてくれる
そう思っている人が多い。
(益虫は「ナナホシテントウ虫」である)

しかし、テントウムシにも色々あって、
そりゃ〜人間にも色々いる

先日、若い男の子に聞いた
 美人だが、根性が悪いのと
 ブスだが、気立てが良いのと
嫁にするなら、どっちを選ぶ?
彼は即座に言った
「根性が悪い美人、僕は面食いです」

テントウムシがいた

てんとう虫は、なんでも益虫だと思っている人
このてんとう虫は
美人だが根性の悪い嫁である
  二十八星瓢虫

「にじゅうやてんとうむし」と言う

ずぅ〜と「二十夜てんとう虫」だと思っていた
  夜の空に浮かぶ星のように20(いっぱい)もの模様があるてんとう虫

と思っていたが、28個の模様がある瓢虫(てんとうむし)らしい
これはトマトや茄子の葉を食べる害虫である、
一番目立つのは、馬鈴薯の葉っぱを食べて骨だらけ(葉脈だらけ)にする害虫である
これは手で取るしかない
5月に植えた芋と6月から競争である。
葉を食べられるか、そのまえに芋に養分を行き渡らすことができるか?

はてしない不毛の競争が続く。