「馬を運んでいる」と嬉しそうに新婚の若夫婦が言った


岩泉の「牛豚一家」の近くの田野畑に、こんどは「山地牛馬研究会」が出来そうだ
県南部から、馬を二頭連れて、お嫁に来たと言う

その馬を運ぶ途中、寄ってくれた
頑固なコー太郎と、その嫁である。
「馬を運ぶ専門の車なんですけど…一日1万円かかるんです。だからとんぼ返りで…」
と嬉しそうにソフトクリームを嘗めながら…

荷台には、15歳のポニーと26歳の斑の馬が…
馬の年齢は四倍にするらしい
だから人間にすれば60歳と100歳になるようだ

「早く子ども作って…」と若夫婦を激励し
60歳のポニーには
「お前もがんばれよ。それともワシと一緒で、役立たずか?」
とささやいた。(泣)