不思議な感覚である。いや味覚か?
教えて貰わないと、雑穀で出来ているとは誰も分からないだろう。

「スィーツパーティがある」と聞いて出かけた
スィーツなど興味がない。年に一度か二度、無性に食べたくなることがある
そんなときは、上田堤の松栄堂にいって和菓子を適当に買ってむさぼり喰う。
和菓子は買えるが、洋菓子は買えない。なぜだろう?
そして洋菓子は、むさぼり食えない。

そんな小生がわざわざ出かけたのは、「雑穀のスィーツ」ということである。
まぁ雑穀を使ったスィーツなんか、煎餅風に焼いて砂糖をまぶした…そんなもんだろうと高をくくっていた

それが、それが、驚き・桃の木・山椒の木である。(古いな〜こんなギャグ親父も使わん)

      

     

   

出てくるモノ出てくるモノ、全て甘くない、さっぱりした美味しさと言うべきか?
一つ一つがきちんと手を加えてあって、そして雑穀らしさが無い
これは、雑穀と言うよりも新しいお菓子というか料理の分野なのだろう

とりあえず感動して、驚いて、のけぞって、帰ってきた

う〜んコレは、なんとかモノにしないと…
「のぶこさんありがと」