大分サボってしまった。
17日からだから、2週間も間があいた。
それまでは快調に飛ばして来たのに…
blogの書き方を忘れてしまった。どうしたら開けるのだろうか?

2週間のうちにいろいろとあった
指を切ってタイピングが出来ない。
酒を呑んで早起きが出来ない。
早起きが出来ないときは、”翌日は早く起きよう”と早く眠りにつこうと酒を飲み過ぎて、起きられない
コレではダメだ。「もっと早く起きよう。」と大酒を呑むと、二日酔いで早く起きられない
色々溜まっている仕事があると気になって、眠りにつけないのでナイトキャップが過ぎてしまう
ナイトキャップとは、寝るときにかぶって寝る、あの帽子だ。あれが深すぎて目を隠してしまう(嘘)

そして出張という名のセミナーがあった。
「東北農家の二月セミナー」という
17年前は、農文協の「中期セミナー」と言っていた。
農文協が、活動する農家を集めて「農家の会」を各地に作っている
小生の場合は「岩手農家の会」と「東北農家の会」に参加していた。
年に一度集まって酒を呑むだけである。そして一年の四方山話を各自がしゃべって帰る
それはそれでみんなが違う地域の人が一年ぶりに集まってひさしぶりと言い合いながら地酒を酌み交わす
それがどういう意味を持つのだ?という人もいるだろうが…
ようするに農文協という会社は、農山漁村文化協会という出版をメインとする社団法人なのである。
農林省の天下り団体ではなく(理事長は上から来ているらしいが…)車代しかはらってねぇ!という
その文化活動の一環なのである。だから小生が参加する前は、全員が招待だったという。
農家にとっては、出版会社から指名されて参加する会であり誇らしげな会だったのである、
その参加者が集まった会話を農文協の社員が記録しておき、後に出版するのである。

小生が参加するようになってから会費制になり、農家の自主組織になって16回目を数えた。つまり16年目である。
たんなる農家の呑み会で、酒宴が楽しくなくなった小生にとってわずらわしい会の一つであるが…
その農家の会の中間で行われるセミナーの講師が、哲学者内山節なのである。
16年間、二回ほど休んだ。昨年の食道癌と、6〜7年前の心臓手術と動脈瘤の手術の時である。
当店が開店したのが平成7年、東北農家の二月セミナーと名前を変えたのが平成8年、つまり店と共にあった会である。

内山節から、さまざまなヒントを貰い、考えて一年の計を打ち立ててきた会なのである
そんな会も、だいぶメンバーが替わったが三〇数名の人数だけは変わらない

今回は東北農家の二月セミナーと言いながら
北海道・新潟・長野・静岡・東京から集まった。

tuwitterでレジメを送信したが、よく考えてみたら140字だった。
送れなかったレジメを、清書した。

 

第一講

 

震災は日本を変えたか

1、はじめに
ーひとつの時代の終わりという予感

2、国家、県、市町村の限界が明確になるなかで
−結びあいとともに生まれるコミュニティーの時代


3、地域内のコミュニティー外と結んだコミュニティ
ー開かれた共同体がもつ可能性

4、復興とソーシャルビジネス
−社会的使命を継続的に実現するためのビジネス形態としてのソーシャルビジネス
−経済の再建と消費者、両者をつなぐビジネス
ー多くの共同体は経済との結び付きを持っていたのではなかったか
ー人々の経済活動を支えないコミュニティーの脆弱性について
ー生産活動を再開するためのビジネス、金融を正常化させるためのビジネス

5、強い国家に期待するのか、民衆の結びあう力に期待するのか
ーその選択を迫られている時代
ーバブル崩壊以降のとりわけ若者の変化をみながら

6、まとめに代えて
ー奥の方で何かが変わりだしている時代を感じながら