今年初めて、火葬場に行った。醤油屋さんのお父さんが亡くなったという。

盛岡市三ツ割火葬場というのが新聞などでみる案内なのだが…

今回は「盛岡市やすらぎの丘」という死亡記事に案内がでていたので、どこか別の火葬場が出来たのかと思ったら住所は一緒だった。

新築の待合室は業界の関係だろうか?また得意先だろうか?一杯人が溢れて…

そこへ造り酒屋の社長も…

「醤油屋さんとは、以前から親しくしていた』と言いながら

「同じ醸造業でも、商品が違うとなかなか一緒にならないモノだが…」と見渡した。

 

行って驚いたのは、もう新築の施設に移り変わっていた

前から工事をしていたが、完成していたとは…

新しい建物、新しい焼却炉、大理石張りの待合室…

新しい施設の第一号になろうと思ったのに…

 

ところが火葬場が借りている下の駐車場から火葬場までのシャトルバズは9月30日まで運行するという

そうすると10月1日が、グランドオープンか?

それまでは、何とか生き延びて…

狙い目は、グランドオープンの第一号だな!