ちいさな野菜畑

ちいさな野菜畑ブログ

ダンピング症候群 小児か?

あのときは、食事の後、腹が鳴り、傷みが出始めたときにすぐ分かった

”ダンピング症候群だ!”と、

そして時間が経てば…横になっていれば…

と思って自室でベッドに横たわっていたのだが…
しかし激痛がひどかった。
以前2回ほど経験があるが何とか耐えられたのだが…
脂汗が額に出てきて、吐きたいけれども空気しか出てこない

医者がよく言う「耐えられない痛みを10とするといくつぐらいですか?」
そのときは迷わず「10」と答えるだろう

時間が経って、ようやく「9」ぐらいになったときに考えた
「救急車を呼ぼうか?呼んでみようか?乗ってみたい!」

昔と言っても10年ほど昔のことだが
可能性脊椎炎で身体が曲がらないと言う激痛に見舞われたとき
「救急車を呼ぼうか?」と思いながら
呼べなかった気弱な入道である

しかし、救急車というのは
すぐ来て
すぐあちこちの病院に連絡して行き先を決め
すぐ出発するのか?

と思ったら、なんと家が分からずくるくる回っていたと言う
(小生の自宅は、メインストリートの一本裏道なので分かりづらいのだが…)
虫の息で「かかりつけは中央病院、ダンピング症候群!」と言っているのに
今まで大きな病気は…夕食は何を食べた…どこが痛い…どのような痛みだ…ここは痛いか?…
体温を…血圧を…
そして、ようやく中央病院と連絡を取るまで10分ぐらいかかっている
後日、付き添いで同乗してくれた魔子様に
「かかりつけは中央病院と大声で言ってくれたのか?」
と言ったら「言った」という

どうやら救急車は、患者を信じないらしい
 

ついた中央病院では痛みは「7」がぐらいに落ちていたが、
救急センターのベッドに横たわり
若い医者に「主治医のM先生からダンピング症候群と言われております」と言っても
医者がまた救急隊員と同じ事をきき、看護婦もまた同じ事を聞き、
腕に点滴をつけ、足の付け根から血液採取をした。

「医者は患者を信じないらしい」

心電図を取ったときには「4」ぐらいにおちていた

それから被爆である。
レントゲンを2枚
CTを造影剤を入れないで2枚
造影剤を入れながら2枚

終わったときには「2」ぐらいに…
付き添いの看護婦に「おしっこ!」「一人で行ける?」「うん大丈夫!」
と子どもとの会話みたいに…

付き添いの看護婦は見覚えがあったと言うよりも、その名前である
森の水車さんが「この名前は葛卷だ!」と言う「○○」である。
どうやら救急センターの当直のようだ

「このまえ胃カメラで会いましたよね」「あら…」と腕を叩かれた
そんな会話を交わす頃、痛みは「1」に…

ベッドで横たわって、ひょっとして”一晩泊まっていけ”と言われたら…
などと考えていたら若い医者が「今日は普通通りで良いから…」と言ってくれたので

ホットして会計場所へ…

そこには当直の医者の名前が…

小児科 ○○○

さっきの若い医者の名前が書いてあった。

なんだ小児か?わしは?

ダンピング症候群 後日談

多くの人からお見舞いと激励とハゲ増しを頂き、感謝に堪えません

しかし、このダンピング症候群というのは、胃を切除した人がかかる症状で、

胃袋というのは、食べ物を受け止めて腸へ流す調整機能を持っているらしいです
それを切除するので、小腸へ直接流入してダンピング(下がり落ちる?)現象をおこすのかと…そして早期ダンピング症候群と晩期ダンピング症候群とあり、
食事後30分から1時間いないに症状がでてくるのが早期、
食事後2〜3時間後にでてくるのが晩期と分けるらしい
(小生は、胃を切除したのではなく食道を切除し胃を残したのだから、
胃が馬鹿になったのか?
それとも、飲み込み方が急激で胃を通り越して小腸にいったのか?
と思ったらYahoo知恵袋にこんな回答が載っていた

食道癌手術の際、胃を使って食道に代わる管を作りますので、胃を切除するのと同じ様な状態になるからです。
胃は単なる管になり、食物を貯留・消化する事は出来なくなります。

こんなことは医者は教えてくれなかった。
てっきり大きな胃袋が残っている物を思って、ガシガシ腹一杯食えるまで我慢我慢と思っていたが…


調べてみると生理は

早期ダンピング症候群の発生は,高張な食物が急速に小腸に入ることにより小腸への水分移動が生じ,急激な循環血漿量の減少が起こる.圧受容体刺激により末 梢血管は拡張し,循環血漿量が減少するため血圧低下に伴う症状が出現する.また,上部空腸の伸展に対する反応として腸蠕動亢進や血管運動神経反射による症 状が出現する.さらに空腸より消化管ホルモン(セロトニン,ヒスタミン,ブラジキニン,vasoactive intestinal polypeptide,ソマトスタチンなど)の過剰に放出による特有の症状が出現する.その他,ブドウ糖の吸収代謝による上腸間膜動脈血流量増加が,脳 血流量の減少を引き起こすことにより症状が出現すると言われる.(この意味が分かる人は、医者になれます。ひょっとしたら医者しかわからん)

症状は

早期ダンピング症候群の血管運動性症状は全身倦怠感,冷汗,動悸,息苦しさ,顔面蒼白,顔面紅潮,眠気,めまい,しびれ,頭重感,頭痛などで,腹部症状は下痢,悪心,嘔吐,腹痛,腹鳴,腹部膨満感などである.(小生の場合は腹の激痛と空気しか出てこない嘔吐でした)

対策は

早期ダンピング症候群の予防は一回の食事量を減らし,食事回数を増やす.ゆっくりよく噛むなどの食事指導により軽快することが多い.食事中の水分摂取は少 量のみとする.また炭水化物の摂取量を減らし,高蛋白,高脂肪食を摂取することにより,十分なカロリ−補給とダンピング症候群の予防になる.これらは晩期 ダンピング症候群の発生予防にもなる.

(結局、治療法はなく、自分で治せと言う事らしい)

高タンパク・高脂肪の食事だから麻婆豆腐を朝昼晩そしておやつに常時、食べろと言うことか?

ダンピング症候群

長く感じた救急車は、外が見えない。
何処を走っているのかが、わからない
たぶん、この辺だろうと思うが…

中央病院は、救急口から入ったようだ。
救急センターにはいってすぐベッドに移され、また同じ質問だ

「名前は…」「誕生日は」「「身長・体重は…」「BWHは?」「以前かかった病気は…」「何を食べた?」
ちゃんと救急車から引き継げよ!
すこし痛みが和らいできたので

「ダンピング症候群だとおもう…こちらのM先生が主治医で」
と言ったが、疑ってかかっているのだろう「食中毒」と…
「これから検査をしますからね…その後で…」と若い医者は言う

足の付け根から、なんだか暖かい物が広がってきた。手には点滴が…
ただ足の痙攣が治まらない。ぴくぴく勝手に動く

「最大の痛みが10としたら今はいくつぐらいですか?」「8ぐらいか?」
さっきは「9」だったのが、すこしづつ楽になった。

エコー、レントゲン・CTと立て続けに検査が行われたが…
徐々に痛みは治まってきた

検査が終わる頃には、「トイレに行きたい」と言えて一人でトイレまで行けるようになった

治療室からベッドに移され「一日入院かな?」と思ったが
若い医者は「たぶんダンピング症候群だと思いますが…CTの画像に腸炎が写っております、その合併の症状かなと…」
「今日はこのまま退院して、普通どうりで結構です」

「えっ?呑んでも?」「はい」

帰りの受け付けはインフルエンザの客で満員。
そこで1時間も待たされた。
どうすんだよ、こんなところで二次災害にあったら…

 

早期のダンピング症候群は、食後、急激に食べたモノが小腸に移動しておこす症状らしい

ゆっくりすこしづつよくかんで唾液と一緒に飲み込むと言われたのを思いだした
ラーメンをたっぷりと口に入れて、よくかまずに飲み込んだせいか

低糖質・高タンパクの食べ物を…

なんだ豆腐か?

スプリングの効いた救急車を!

「おいおい救急車」の声を聞いて、部屋に入ってきた魔子様は…

「どうしたの?」
「救急車を呼んでくれ」

あわてて「110番」を押したらしい。(後日談)
気がついてかけ直したのだろう119番と話している様子が聞こえてきた
「住所は?」「症状は?」「病気の前歴は?」「食事の内容は」「名前は?」「電話をかけている人は?」

そんなことを聞かれているようだが…
こちらは早く来てくれ…早く…

この痛みからなんとか一刻も早く…

電話が終わって、
「ドアを開けといて…」と言って外へ出て行った魔子様

ところが救急車が迷っているらしい。
なかなか到着しない
おいおい…どこへ行っているのだ?
住宅地図を持っていないのか?
ナビゲーションはついていないのか?

仕方ないので、担架に乗せられても、部屋が小さくて曲がらないので
とりあえず外へ出ようと腹をかかえて、すこしづつすこしづつ
歩き初めた
凍った雪道をスリッパで…
ようやく家の前の道路に出た途端、救急車がついたところだった。

「おい!歩いているぞ」と担架を降ろそうとした隊員がさけんだ。

回りの人が救急車がついて心配するかと思ったら、だれも出てこなかったが…
(友人の部落では、総出で見に来るという、だから「サイレンを鳴らさないでくれ」という。
しかし、あっという間に広がって、”見舞いにやっていくる”と言う。まだコミュニティが健在だ)

救急車にとりあえず乗り込んで、ようやく担架に横たわると…
「血圧」「体温」「心電図」とすぐなんだか腹を押さえているのに無理矢理張り付けられた

そこから「名前は…」「今まで病気は…」「何処が痛い…」


「ダンピング症候群だから、中央病院へ!」と言うのだが声にならない

「え!なに?」「え!なに?」
魔子様に聞く
「急に痛くなって…」「食べたモノは豆腐とご飯とラーメンと…」「お昼は…」

”そんな話はいい!とりあえず中央病院まで行っていくれ”と言っても聞こえない
 

血圧を測り、症状を確認し、今日一日の行動を把握して…
家の前に10分ぐらい停まっていただろうか?
非常に長く感じた。コレで救急か?このままだと死んでしまうぞ!

ようやく走り出したが、乗り心地が悪い
凍った凸凹道を、行くのだが…担架から落ちそうになる

おい!もうすこしスプリングの効いた救急車をよこしてくれ

おいおい救急車!

今年初めての休肝日を取った。いや取ろうとした
このごろ痙攣が激しくて最近は、目が醒めて足を伸ばしても足首を伸ばしてもなかなか直らない
もう大分、休肝日を取っていないなぁ〜。

たぶん、そんな気持ちをもったことが、いけなかったのだろう
夜中の中央病院に、行くハメになってしまった。

 

店を閉めて家に戻る。
まず熱燗を造ってから、着替えるというのがいつもの流れであるが
今日は休肝日だから…とちいさな土鍋に、雑穀雑炊をつくり、余っていた豆腐をちらした
それをスプーンですすりながらニュースを見ていると、台所のすみに、生ラーメンの袋があった。

魔子様が「足りないんじゃないの?ラーメンにする?」

酒を呑まないなら、ラーメンでも食うか…
と思ってラーメンを作ってもらった
これが結構、ボリュウムがあった。

食道手術の後遺症で嚥下障害を持っている
要するに狭まった食道を、なかなか通過しないのである
いつもは無理矢理、液体で流し込むのであるが…(これが酒のことが多い(笑)
ところがこの日は、酒がない。しかたがないのでラーメンスープを飲んだ。
しかし、落ちていかない。もうすこしラーメンスープを…
ようやく落ちていってラーメンを片付けた

なんとなく久しぶりに満腹感に浸っていると…
腹が急にごろごろと…
いやなんだか大量に腹の方に落ちていった。
なんだか、いやな予感
ちょっと痛い、すこし痛い。腹痛である
やばい、ひょっとして…
おう!だんだん痛くなってきた
すこし横になろう。
ベッドまで…歩いて…
おう!そこそこ痛い。激痛一歩手前だ
おう!おう!もう声がでない。
ベッドでのたうち回った。

隣の部屋では魔子様と麻子様が、テレビを見て笑っている

笑っている場合じゃないぞ!
と思っても声も出ない。
どんな痛さかというと…
へその周り大きな錐で。ギリギリと…
腹が鉄のベルトで締め付けられそうで…
けつの穴に棒を突っ込まれたような…

隣の部屋では魔子様と麻子様が、テレビを見て笑っている

 

耐えられない激痛である。
おまけに吐き気が…しかし、何も出ない
すこし時間が経てば…と思ったが脂汗が…

おい!おい!と声をかけるが…

隣の部屋では魔子様と麻子様が、テレビを見て笑っている

ほんのちょっとなのだろうが…ずいぶんと時間が経ったような気がする


おいおい!救急車!救急車!

ようやく聞こえたようである。

あと5日

一瞬、夕方かと思うが…これは朝の出勤風景である。
視界の効かない吹雪。まあこれぐらいは北国だからしかたがない。

ゆっくり走ればいいことだけだ。
時折、後から「速度を上げろ」と密着されることがあるが…
まぁそれも自分もやるからしかたがない(?)

歩いている人も、地吹雪で視界がみえない。
子ども達も大変な思いで学校へ行く。

まあぁこれもしかたがない
この寒さが北国らしい忍耐と根性を作るのだ
北国の大人は、みんな通って来た道だ

 

店についてストーブに火を付け
飯を炊き味噌汁を温め、お茶を沸かす。
それから床を箒ではき、モップをかける

魔子様曰く
「モップをかけたそばから、凍るのよ」
そんなバナナ

   

水分をたっぷり含んだモップで拭いた後があっという間に凍る
しっかりと水分を拭き取ったモップでも、薄い氷が張る

モップが窓枠にくっつくとモップの毛が張り付く
無理矢理引っぺがすと、モップの毛が抜ける
もう毛が抜けるのは、いやだ(友人談。小生はどうでもいいが…)

吉幾三の唄を思い出す「おらこんな店いやだぁ〜」

30分も椅子に座っていると
足下からジンジンと寒さが浮き上がってくる。
そんなお店に、昼食にいらっしゃるお客様に感謝・感謝である。
やはり床暖にすれば良かった。

しかし、その寒さももうすぐだ。立春まであと5日

呑んだ喰った

いやぁ〜呑んだ喰った
なんと言ってもフィレステーキの食い放題だ

おまけに友善さんの唄もついて…
これで2000円は、安いだろう
 

も一つおまけに、もートンファミリーの話もついている

話の内容は…

ようするにセシウムを含んだ食べ物が一杯出回っている。
ということだ

日中、食べる会のあんないチラシをもって女性が声をかけてきた
「あのっ〜このセシウム牛を食べる会というのは、福島から持って来た牛肉を食べる会ですか?」
「えっ?」
「いえ岩手の牛肉ですよ!」
「岩手の牛肉も、セシウム入っているのですか?」
 

だいたい、こういう消費者がほとんどである
岩手だろうが宮城だろうが、ひょっとしたら東北全体から関東にかけて、多かれ少なかれセシウムは入っているのだ
たぶん原発が完全に終息しない限り続くだろうし、広がるだろう
それを暫定基準値以下という言葉でごまかしているのが国だ

完全に終息するころ、また別の原発が問題を起こす可能性は大である
こんなに地震が多い国に54基の原子力発電所は、どうしても無理がある
「機械は壊れる。人間はミスを犯す」というのが大前提なのだ。
たった50年の原発の歴史が、今まで何千年と続いてきた自然とのいとなみをぶちこわしたのである
この50年間、我々はその原発の作り出す電気で快適な生活を享受してきたのである。
「オール電化の豊かな暮らし」の裏には、恐ろしい世界があったのだ

しかし「そんなに恐れる必要は無い」と言う人もいる
食品に含まれている微量の放射能は、人間にそんなに影響を与えないと…

その微量というのが問題で、10ベクレルを微量と思う人
100ベクレルまでは大丈夫と思う人
いや一切のベクレルが検出されたらダメだと言う人
一つ一つは基準以下でも、一日に食べた量が問題だと言う人
いやその微量の放射線が身体の中で、どんな影響を与えるか分からないと言う人
 

結局分からないのである。
だからベクレル表示が必要なのである。
それを最初にやるところは、売上が落ち込む
しかし、これをやらない限り風評被害はやまないだろう
 

さぶい

寒い。
痩せたせいなのか?
非常に寒く感じる

脂肪が恋しい。
100kg近くあったときには、寒さも「涼しい」と感じていたのだが
安定してきた70kg代では、「しみ入る寒さ」である。

着ぶくれているのに…
半袖シャツ・半袖シャツ・半袖シャツ・長袖シャツ・ワイシャツ・セーター・ジャケット
肌着を4枚重ね着しているが…
下は、パンツにタイツ・下ズボン・ズボン

そういえば”下ズボン”という言い方を子どもの頃していた。
ある時から「ズボン下」という言い方に変わり、タイツになった。
ズボンだってそうだ、今はパンツだ。
パンツは、トランクスやブリーフ、パンティ(?)

機能は変わらないのに、名前だけが変わる
サラリーマン社会みたいだ
肩書きだけ変わって、中身は変わらない

一杯一杯着込んで、もうすぐやっていくる立春をまとう
一杯一杯呑んで…

雪の少ない夕顔瀬橋を肩をすくめて寒そうに歩いている

戦争

戦争が勃発した。
節操のない戦争だ。
戦争に節操なんかあるか?

ところで砲撃の音もなく静かだが…
流通戦争である。

産直ができて、ネット販売ができて、生産者の直売ができて
生協が…地元スーパーが…他県スーパーが…中央資本のモールが…
青果物も、ありとあらゆる流通ルートが、ここへ来て多店舗展開を始めた

青果物の特徴は、「日に日に腐る」
これが熟成されて味が良くなるとか、歳を重ねるほど色が良くなるとか…
年増も捨てがたいとか…

そんな話にはならない。ただただ腐るのである。
(白菜は、貯蔵していると甘みが増してくるが、見た目は萎びてくる。年増のようである)
だから早く売らないといけない。

市場に持って行けば、卸売市場法ですべて買い上げなくてはならない事になっている。
農家は楽である、しかし、安い。
高く売ろうとすると、個人へ直接売った方が高く売れる
しかし、量が捌けない。
農家は、効率よく作業をしようとすると大量に出来てしまう。
と言って少量多品種では、自給自足になって、金が稼げない。

ところがここへ来て、スーパーへ直接納品、地元の直売所へ、インストア産直へ、都市の産直へ
と様々な流通ルートがでてきた。
やろうと思ったら、いくらでも掛け持ちできる
ある農家は、「売上が3倍になった」と笑う
そして販売店を選ぶようになった。
手数料の少ない販売店を…

午前中は飛び回って納品して歩き
午後は明日の納品の準備(小袋詰め)
農作業をするヒマが無い(笑)

小売業もどんどんバイヤーが独立して産直をやり始めた
元スーパーにいた
元生協にいた。
地代の安い田舎で…
人の多い都市で…

追い打ちをかけるように地元のスーパー同士の競争
産直コーナーはどこでもある
青果物売り場の横に…

そしてコンビニも「野菜を…」と○○ソンの社長は…

そこへ中央資本が、これでもか!これでもか!と出店する
中央資本は見せかけだけ、地元野菜を…
主力商品は、他県の契約した大規模農場の商品である

よく考えて欲しい

一人に一個しか胃袋は無いのだ。
30万人の盛岡では、30万の胃袋を満たすだけで良いのだが…

野菜は日に日に腐る
しかし、金に換えると日に日に貯まる

貨幣という腐らないものが、野菜を腐らしている。

市場には物が溢れ、腐らして…それを買ってきて”売る”業者が”うる”おっている
そして、生産者よりも市場で買った方が、安いことがある。
これは、いったいどうしたらいいのだろうか?

命の糧が、自由競争で良いのだろうか?
市場原理で、いいのだろうか?

あんない

毎日、遅刻で、7時出勤に間に合わない
今日は早く(2時半)起きたのだが、経理の処理がギリギリで、…
結局blogが、書けない

 

とりあえず刺激的な案内を一発
下記案内が、届いております

参加申込はお早めに!!!

(BCCで皆様にお届けしております。)
皆様、こんにちは。モーとんふぁみりーの穴田です。
ご無沙汰の方もいらっしゃると思います。
今年も宜しくお願い致します。

さて、皆さまもご存知の通り、原発事故からもたらされる、放射能汚染は未だ拡大する一方です。岩手でも県南地域の汚染が深刻な状況ですが、岩手県全域に放射能は降り注いでいました。目には見えず、臭いもしない物ですが、数字は嘘をつきませんでした。

昨年、モーとんふぁみりーに入荷した岩泉産の短角経産牛2頭から60ベクレルと10ベクレルの放射性セシウムが検出されました。国の暫定基準値が500ベクレルなので、それに比べれば低い値ですが、それゆえに買い上げ対象とならず、モーとんふぁみりーに在庫として残っています。

街中では「セシウム入っていません」と言う表示はあっても、「セシウム入っています」と言う表示は決して見る事はありません。しかしながら、基準値以下のセシウムが入っている食品が出回っている事は、市民による数多くの検査によって確かめられています。

基準値以下のセシウムが私達の体にどのような影響を与えるかは、まだ誰も分かりません。だからこそ細胞分裂が盛んな、子供達や妊婦さん達はそれを避けるべきでしょうし、そのような選択が出来るような表示をすべきだと考えます。

地域に根ざすモーとんふぁみりーとしては、地域の物を使いつつ、この汚染とどう向き合っていくのか、考えてきました。今回あえて「セシウム牛を食べる会」を、ちいさな野菜畑の小島さんのご協力を頂き、企画しました。

放射能汚染をめぐる牛肉について少しお話しをさせて頂いて、その後皆さまで料理を食べながら、色々とお話をお聞かせ頂ければと思っております。皆様のご参加をお待ちしております。

セシウム牛を食べるべきではない人にもメールをお送りしていますが、セシウムフリーの食事も用意していますので、ご安心ください(笑)

======================================
「放射能汚染をめぐる牛肉のお話とセシウム牛を食べる会

日時:1/28(土)18時から20時まで。

場所:ちいさな野菜畑 盛岡市三ツ割鉢の皮36-23(019-661-7170)
   岩手県交通バス 松園営業所 斜め向かい  駐車場あります

プログラム:
18:00〜18:30お話「岩泉短角牛と放射能汚染」モーとんふぁみりー 穴田光宏 
18:30〜20:00 酒宴・歓談・酒盛り・宴会・密談などなど

会費:2000円(飲み物代別・お好みの飲み物ご持参下さい

定員:15名 料理の準備などありますので事前にご連絡頂けると助かります。

申し込み先:  ちいさな野菜畑   info@chisana-yasaibatake.jp

=======================================

======================
地域と生活を分断するグローバリズムに抵抗を!

穴田光宏(ANADA Mitsuhiro)

======================

月別アーカイブ : 2012年1月

1 / 512345