フランス革命の時、
「下々のものは、,パンも食べられない」という執事の言葉に
「パンが食べられなければ、ケーキを食べればいいのに…」
とマリーアントワネットは、言ったという

 

クリスマスイブのイブの夜
その「ケーキも食べられない忙しいケーキ屋さんに」夜食代わりのお握りを届けた

多くの人が働いている工場から出てきた人に
「今夜は徹夜ですか…」と問うと

彼女は、ニコッと笑って、首を振った。
そのすばらし笑顔に、ついつい納めた金額以上のケーキを買ってしまった。(泣)