金網の向こうで、ラグビーをしている人々がいる

あの楕円のボールは見えなかったが
ラグビーとすぐわかったのは「汚い」からである。
ボロボロのジャジー、泥だらけのウィンドブレーカーという格好。
サッカーではない。ましてテニスではない。

しかし、この放射冷却で、今年一番の寒い朝を記録したのに…
多分、土も凍ってスパイクが効かないだろう
寒風が、頬を打つのだろう

ふと車を停めて見入ってしまった。
40年前のことを想って…

40年前、グランドに立っていた。
寒風吹きすさぶところで…

寒かった。
風というのがこんなに体感温度を下げるのか?
ドラム缶に木ぎれを入れて暖を取った
当時、ウィンドブレーカーという代物を持っている学生は居なかった
みなジャージーをはおり、短パン、
それにジャージーのズボンがあれば最高である
12月の初旬、いつも代替わりで、人数も少なく、淋しい練習をしたモノだったが…

ここの学生たちは、いつも岩手山に見守られているのだ