地震があった。
NHKの7時のニュースの最中に「緊急地震速報」が表示された。
アナウンサーは、沈着冷静にあわてて(?)
「落ち着いて火を消して…上からモノが落ちてきますから…」と叫んでいる
一瞬身構えたが…

すぐに「広島」「島根」と出た。

魔子様は、「誰も知らないわね、あっちのほうは…」と言う
そんなことはない

大学のみっつ先輩は、確か広島だ。
お世話になっている高校の大先輩の奥様は島根出身だ。
タイマグラの住人も、島根だ
損害保険の少林寺の達人も島根だ
I大学の肉牛専門の先生の奥様も…
そして、昔よく遊んだ一つ上の人は、広島の三次だ

と思ったら「震源地”三次”が震度5弱」とでた。
大丈夫か?

                                            

さすがに東日本大震災のときは、停電や通信網の問題で連絡が来なかったが
震度5以上の時は、あちこちからメールや電話が来る
岩手は広いのだが、よくわからないらしい。
岩手県南の栗駒で地震とか…岩手県沿岸部で…とニュースが流れる
だいたいが盛岡と100km離れている

「100km」と言うと
東京から高崎
大阪だったら米原
「神戸の大震災」を岡山や和歌山、岐阜で感じているようなモノである

まして盛岡は地盤が固い。(小生の自宅は、田んぼを埋め立てたようだから…わからんが…)
今まで生きてきた短い人生で、盛岡で地震の被害があったと言う事は、聞いていない。
たぶんこれからも無いだろう、と思いながら、地震があると真っ先に外へ出る準備をする。

そういえば昔の会社で有る部長は、地震のたびに真っ先に机の下に潜る人がいた。
地震が怖いらしいが、並み居る部下の前でも、ちょっと揺れると真っ青な顔をして机の下に潜る
笑うに笑えないのだが…本人は真剣だ。

しかし、大丈夫か?

三次は!

「さんじ」とか「みつぎ」とか読む人がいるが

「みよし」である。
なんでも三好青海入道が生まれた土地だという(嘘)