オートミールに凝っている。
という訳ではないが…

量が食べられないので、消化の良いものを…と思いながら、
白米のおかゆ、玄米の中華がゆ、そしてオートミールと、和・洋・中の粥を楽しんでいる(?)のである
白米・玄米は、以前より、ときおり試しているが…
オートミールは、手術後、初めてである

小さな頃、そう、まだテレビが個人の家に入ったばかりの頃だろうか
外人の家庭ドラマが、いろいろと有った。牧場が舞台だったり、犬が主役だったり…
そんな外人の家庭をあこがれを持って見ていた頃、不思議な朝食が、オートミールだった
それは皿にもられて液体をかけたり、最初から練られているようなものだったり、
なんだか怪しげな、美味しそうな、不思議なものだった

「オートミール食べてみたい。」
と子供心に幼い入道は、強くあこがれていたのである

そういえば、一時期オートミールではないが…
シリアルというのだろうか?
牛乳をかけて食べる洋風の朝食が、流行ったことがある
試して見たもものの、ほんの一時期であった。
あれは続かなかった、金が高かったのだろうか?
それ以上に、飯が美味しかったのかも知れない

 

鎌倉に住む料理家辰巳芳子のスープの本を買った
そこに「オートミール」は有った

辰巳芳子は、言う

「雑穀を食べると良いと言う方が増えている。しかし不思議なことに燕麦、即ちオートミールの奨励はなかなか現れない
北海道も燕麦は馬の食糧との思い込みから脱しきれず、胸を張っての地域興しのきっかけにしていない
オートミールは、栄養消化にすぐれ、作るに手間暇いらず、現代性そのものですのに。
わたしはさらに、このオートミールを強化して、食生活の中心に据え、時間を贖い出す勘考をしました」

当店で扱っているオートミールは、アメリカ産である
これは北海道産だという。

たしかに、燕麦(オートミール)という名前が引っかかるが、癖がない
ご飯でも一緒だが、美味しいモノは飽きる
美味しくないと言うか、癖がないものが長続きするような気がするが…

オートミール、現在試したのは…

熱湯+塩
熱湯+塩+卵
ヨーグルト+牛乳
味噌汁
味噌汁+生卵

結構、癖がないだけに、なんでも会う
よし、オートミール定食を作ろう!