小生のブログに、ときおりコメントをくれる「ひこ」と言うのがいる。
会ったことは無いが、15歳ぐらい年下の男らしい

この「ひこ」は、馬鹿じゃないか?と思っている
馬鹿と言うのは二種類ある。どちらかは想像にお任せするが…

先日夜7時頃、「ひこ」から電話があった
「初乳豆腐、食べたことあります?」
「今、どこですか?店?自宅?」
「初乳を30kgほど貰ったのですが…」
「こんなに食べきれなくて…」
「今、せんまやでこれから、戻りますが…」
「おいしいですよ」「参加できないのですが…快気祝いに…」
「わさび醤油で食べると…」
「途中でおりて、自分の分を作ってから届けますが…」

ようするに下記のようなことらしい
 千厩の酪農家から初乳を30kgほどもらったが…
これで豆腐と作るとおいしい。
5度以上で生菌数が増えるので以下に管理してほしい
今から届けるが、途中、自分の家の分をおいて、それから店まで届けるが…
よろしいでしょうか?

岩手を知らない人は、なんとも思わないだろうが…
知っている人にとって。
現在地が千厩、途中に寄るところが、盛岡南。そして店が盛岡北方面
高速使って2時間コース、下をきたら4時間コース、片道100kmである
  東京からいえば、高崎
  名古屋でいえば、京都
  大阪からいえば、岡山
  博多からいえば、長崎

つまりそれを、「夜の7時に出発して、自宅へちょっとよって、店に届ける」
と彼は言っているのである。

こういうのを返答に困る。
届けてくれても、店を開けて冷蔵庫に入れなければ…夜の10時頃
外へおいたら…そうか今日は氷点下5度だから…何とかなるか?

しかし、せっかくおいてくれても、作るのに失敗したら…
作ってもおいしくなかったら…

ましてそんな遠いところから運んでくれた労力に対して…
どう御礼を…

等々いろいろと考えすぎて…届いてしまった
できたのは

「初乳豆腐」

初乳1リットルに酢かレモン汁を大さじ1杯入れてかき回して、蒸すだけ

これは豆腐である。寄席豆腐である。全く乳臭さがない。
わさび醤油で食べたら、最高である。熱燗の肴に丁度いい

本日のメインディッシュである。

「ひこ」ありがとね!ありがと!
千厩のホルスの初乳。これは忘れられない味になる。