ふと気になって,もらった文書を良く読んでみた

こちとら「病院は善、寺は悪(一部を除く)」と言う風に受け取っているから、渡された物は、よく見ないでサインをし、そのまま保管場所に突っ込んでおく
今回良く読んでみたら「この治験で知り得たことをみだりに第三者に漏らすことのないよう」とある。
知り得たこと?
なにも知り得たことはない。
たんに「10日間経腸栄養剤をつなぎっぱなしにする」という契約だけだ

しかし、それを知っておけば、契約を結ばなかったかもしれない
だいたいが閉所恐怖症で、点滴でつながれ、半径1メーターでうろうろさせられると言うのは
耐えられないし、できたら勘弁してほしい
点滴が抜けたら、一日でも早くベッドからはなれたい。

そう思っているのに「10日間なにがあろうとも点滴を外さない」という契約は、結ぶはずがない
手術が終わって、ICUに移されたその夜、急にまた別の部屋に移された
ICUは手術後の管理のための揃っている部屋だが、その次の部屋(ICUよりランクが落ちた部屋)に移された
そこは個室だった。真っ白い長方形のベッドがかろうじて入るだけの、後ろに窓があるようだが、見えない
前には解放のドアがあるが、看護士が机を並べてみはっている
そこへ両手に点滴で固定されて、まるで標本の蝶のように、貼付けられてすごすことになった。
この両手の点滴がくせ者である。手の方向を変えようとすると、点滴の警報が一斉に叫ぶのである

24時間一日中、警報のランプの点滅と音と、そして同じ格好で、何日過ごせるだろうか?
丸い壁掛け時計が一つあるが、8時をさしても、朝の8時か?夜の8時か、いや時間が狂っているのか?

三日目だろうか四日目だろうか、幻覚が見えてきた
術後の幻覚と言うと全身麻酔の後遺症といわれるが、術後4〜5日後の幻覚である
真っ白な部屋が木質の模様になったり、青銅色の部屋になったり、丸くなって回転し始めたり、
小動物かちいさな人間が、壁の中を動き回ったり
とりあえずあり得ないことが、次々とおこる。

このままでは気が狂う
思わず「助けてくれ!」と声を出した。
医者と看護士長がやってきたが「部屋がない」との一点張りである

そんなやり取りで時間が過ごしていったのか…
7日目か8日目か…ようやく部屋が変わった。一般病棟のナーススティーションに近い部屋に…
それから次から次へと管が抜け。
部屋が代わり、手術から17日目に管から解き放たれた
もし治験を受けていなかったら、10日ぐらいである程度の管は抜けていただろう

しかし、不思議な感じだ。
経超栄養剤というものを、腸のなかにつっこめば、栄養が足りて体重が減らない
91kgの体重が93kgになってベッドからおりた
人間の身体など、いくらでも簡単にコントロールできると言うことなのか?
しかし、その後93kgの体重は、どんどん落ちて今は85kgである
肝心の胃袋から栄養を補給できないので、減るばかりである

どこまで下がっていくのやら…