年末年始の大雪で、大量に倒れた松も…

このところの暖かさで、雪がだいぶ消え、激しくみっともなく、全容をあらわにされた。

市役所の道路管理課は、「雪が溶けたら…」と言う話になっているが
よく考えてみたら「4月でも…5月でも…雪が溶けたら」には、間違いがない
まして今年は除雪の予算を使い果たしたと言う情報が流れていたが…
とりあえず病体にむち打ってと思ったら、そこへ日本兵

「卒業間近で…時間があるので…。土手の整理でも…」

  

う〜ん気が利く

こちとらが病院であちこちを飛び跳ねている間に、目鼻がつくように…

「明日、弟と一緒にまたやりますから、大学は入学試験で立ち入り禁止なんで…」

日本兵ありがと!

昼飯食い放題!なんでも食べて良いぞ!

しかし、彼の仕事を見ていると、「体を使う」と言うことが様になっている。
つまり道具を使うのではなく、体を使って、うまく行くように道具をつかう
と言うやり方である

たぶん、彼のような体の使い方は、若い人に無理だろう
といっても、我々のような団塊の世代の頭でっかちにも無理かもしれない

う〜ん上手いものだ