結城登美雄は地元学を提唱している。
地元の資源を見直そうと言う提案である。
中山間地の限界集落と言われるような所でも、食糧生産という人の手を加えることによってすばらしい景観を生んでいる

 

彼の講演で印象に残った言葉を羅列する

沖縄の老婆に聞かれた
「食とは何か?」答えられないで入ると老婆は「食とはヌチグスイ(命の薬)」と言った
「本土の人は、人様に作ることを頼んでおいて、疑い深く視ている。何故自分で作らないのか、作る人の苦労がわからない本土の人よ」

地域の祭りとは神への祈りである。食糧を作ることによって様々な芸能文化を生んできた。
沖縄に「五風十雨」という祭りの旗がある。「五日に一度の風、十日に一度の雨」を祈る旗だ
大事なモノは何か?と沖縄の人に聞いた時
「水・光・風・土」と答えた。人間は「土」づくりは、できる
「水光風」は、神に祈るしかない。

プラトンは。師のソクラテスへ聞いた「国家にと言って大事なモノは何か?」
ソクラテスは言った
「あるゆる必要の中で、最初にして最大のモノは、生命と生存をするための食糧の供給である」

最大の社会資本は、食べるものである

日本の米は、農家の年金で成り立っている。国家ではない

金がないのに、村は村で、なぜありえたのか?

自然は寂しい、人の手が加わると暖かくなる(宮本常一談)

白川の関で、一ヶ月の間、北海道・東北の食糧供給を止めよう!(聴衆に大いに受けた)

彼は「あなたの食べる力を貸してください」という呼びかけで「鳴子の米プロジェクト」を作った
東北181号という低アミロース米(餅米と粳米の中間)を鳴子の農家でつくり、鳴子温泉の温泉宿で昼食のお握りに使って貰うプロジェクトである
その米は24000円(俵)で消費者が購入する。農家は18000円を受け取る。差額の6000円は、事務局の経費と若者の農業支援だという
高齢化する農村に、若者が再生産できる価格を!と言う提案である
農水省試算では。今の農業は時給178円であるが、このプロジェクトでは時給1000円になるという。若者が農業に参加できる数字だ

 

高齢化する農業で、食糧生産はあと10年もたない
海外の食糧はあてにならない。
日本の食糧生産は、このままで良いのか?

 

 

全くその通りなのだが…
これから取り組む人への農業の魅力、農業の問題点等々が…
その辺が欠けているような…
やはり民俗学という点で捕まえているからだろう

 

5時で終わるかと思ったら、まだ続くらしい
外へ出たら粉雪が舞っていた。