帰ってくる年賀状が、少なくなってきた
出した年賀状が、ほとんど回収できたか?
今年の場合は、年末にバタバタしていたので大晦日に出した。
だから「年賀状を貰った人にだけ出す」という、せっこきの人から届いているのだろう(せっこき=怠け者と言う方言)

そんな中、極悪和尚のところから新年会の案内が届いた
園賀状を貰ったときもあるが、新年会の案内を年賀状の代わりにしている年もある
だいたいが、いい加減である
開始時間を書いていない報恩講の案内をもらったこともある。まだ記憶に新しいが…
しっかりした坊守さんが、ついているのに…
しかし、これぐらいがちょうど良い。
キチキチと永代管理費をパソコンで請求されるようなところは、死んでも死にきれない(?)

そんな坊守さんからメッセージも、手書きで入っていた。
『年賀状に”休養の無さ”は”教養の無さ”を、洒落たものですか?
やはり休養が必要だ、と言うシャレですか?」とある

「ん?」

年賀状は数種、文章を考えて書く。親戚用、目上の人用とか、けつの穴の小さい人用とか、冗談を分かる人とか…分かったふりして分からない人とか…どうでもいい人とか…、
そのうちの一種類の文章に誤字があったらしい。

だいたいが、いい加減であるから…
よく推敲しないで出したらしい

まぁ檀家も、檀家だから…
「類は類を呼ぶ」と言うから…