「よく、こんな時に来たね!」
「いやぁ〜、今日しか無いんですよ!金ヶ崎から北上までは盛岡と同じ程度でしたが…、花巻から盛岡は雪は少ないですよ」
大雪の朝、急いで開店の準備をしている時に、水沢からコメを納品にきた菅原文也は答えた。

金ヶ崎から北上は、いつも雪が多い。
ちょうど奥羽山脈が切れているので、日本海側の雪がこちらまで吹き込んでくるのだろう
「地吹雪」という言葉があるが、高速でいつも地吹雪に遭うのはこの付近である
一瞬。車の回りが真っ白で何も見えないのである。
”停まったら後の車から追突されるかも知れない”
(前の車からは、追突されない!)
とりあえずスピードを緩めて、徐々に左端へよる。
それしかない。
運良くガードレールが見えたら、近寄って停まる
「運良くいい女がいたら、近寄って触る」とは、別の”恐怖感”である。
そういえば「腰 地吹雪」という女がいた!ちょっと古いが…
触ったら怖そうな…