保険屋から電話が有った

「芋ブラジャー、付いてますか?」

「なんですか?それ
 あのぉ〜車ですから、付いてるはずが…
 それ、どのへんに付いてるもんですか?
 いちおう探して、見てみますが…」
 

深く考えた
”やっぱり谷間があるんだろうなぁ〜。山が芋型になってるのか?
浅黒い男爵型か?黄みをおびた白いキタアカリ型か?
ひょっとして。垂れ乳のサツマイモ型かな?”

「弊衣破帽号」から「ハクいスケ号」に保険の切り替えを連絡したときの会話である

真面目な少林寺拳法の保険屋は、ひとこと、ひとこと大きな声で言ってくれた

「イ・モ・ビ・ラ・イ・ザー」

どうやら盗難防止ためにキーに付いている電子記号の様なモノらしい
それが付いていると保険料が「ちょびっとだが、保険料が安くなる」という
そんなん付いてるか!中古なんだから…