シフォンケーキを作ってくれた。
「これで遊ぶのですよ」と言いながら
鳥取からやってきたイタリアンシェフが、教えてくれた

「これで良いかな?」とシェフに聞いてみた

少し怒っている顔を

シェフは、I大を卒業し、森と風の学校にボランティアや職員として勤め
鳥取へ戻った。鳥取で本格的に勉強して、イタリアンのシェフになったという

「鳥取でシフォンケーキでは、有名だ」と自分でいう
それなら「岩手では超イケメンで有名だ、ワシは!」と鳥取で言ってみようか?

まぁ話半分でも、食べてみれば分かるが…
美味しい

彼は「いちまいのおさら」というblogを書いている
「いまいちのおさら」ではないぞ!あっきゃ!

そんな彼と、森と風の学校で再会した。
久しぶりに,葛巻の「森と風の学校」へ行ったときの話である。

トンネルと抜けると森と風の学校がある。
このトンネルが怖い。恐怖のトンネルである
電気があるが…、一瞬真っ暗になる。かすかに向こうに出口がみえ、ようやくホットする
大体が高所恐怖症と閉所恐怖症と暗闇恐怖症がひどい
昔は女性恐怖症であったが、最近慣れた。
女は怖い物だが、慣ればどうってことはない、慣れるまでが大変である(女性には内緒だ)

坂を下りて短角が放してある牧場を横目にみながら行くと、そこにある
子ども達の楽園が…