葛巻の江刈川水車を見に行った。
この水車を考えた人は偉い。なんと言っても化石エネルギーを使わないで動くのである
いや化石エネルギーだけでなく、有機質の燃焼エネルギーもつかわない。(最近では木質バイオマスというのか?)
水車は、水の流れの落差を利用してエネルギーに転換していく
小屋の中では、水車の回転を利用して。そば粉を挽いている。
この水車を止めるには、川の流れに一枚の板を差し込んで、手前の小川に導けば、水車は止まる。

この水車で、太いゴム紐ねじれば、テポドンを北朝鮮に打ち込むことが出来るかも知れない
そんな事を考えながら二日酔いの頭で、じぃっと眺めていた


そうなのである
前日は、森のそば屋で第二回海山交流会が開催され、しこたま呑んでしまったのである
            

釜石の「浜千鳥」、葛巻の「森のそば屋」のコラボレーションである
新蕎麦と酒の、酒飲みと蕎麦好きにはこたえられない宴会である
30名余が、世界中から集まった、特に葛巻と釜石が多かったが…盛岡と山形村も、ちょこっといた。

  

でてくる海の幸、山の幸、酒・酒・酒…
「としろ」のおかわり自由   郷土料理の豆腐田楽

そばかっけの食べ放題


  それに打ち立ての絶品ざる蕎麦と、〆にはイクラ蕎麦

もう、腹にはいらん!と言うぐらい食べて呑んで、酒池肉林の一晩であった。
呑んで呑んで呑んで…意地汚く呑んで…


そばを打ってくれたおばぁちゃんの、帰る姿に感謝して

倒れるように布団に潜り込んだ
もうあと三日は、酒はいらない
と思いながら…
今日も呑む、酒乱の日々