「おっさん!川に近づけば見られるっと、いうもんじゃながんすよ。
鮭見は、橋の上からのぞき込むのが正式な作法でがんす!」
と声をかけたくなる天気の良い昼下がり、市役所の説明会に出かけた
中津川に鮭が上ってくる時期に、起きた桜山問題の説明会である

だいたい役所というのは苦手だ。
税金の申告書を届ける時と、印鑑証明が必要なときしか、行かない、行きたくない。
あのきまじめな、よそよそしい雰囲気が好きでない
と言って、女子職員が
「あら〜、いらっしゃいスーさん」などと言ってシナを作ってきたら困るが…

8階の説明会場は、満杯だった。時間になってもドンドン人が集まってくる
6〜70人が入る会場に、倍ぐらい入っただろうか?
それでも役所は仕切りを広げ、椅子をおき座らせた
すばらしい対応です。
全ての問題に、こういう素早い的確な対応が役所には望まれます!ニジュウマル!

会場には何故かマスコミが充満しておりました

こういう構図は、マスコミも取り上げやすいのでしょうね
 対立する行政と住民!
 口角泡を飛ばして詰め寄る住民!
 あわてふためき泣き叫ぶ住民!

その住民の代表みたいに、小生がどアップで写されたと、4〜5人から言われた
つけまつげも、アイシャドウもしてないのに…
スッピンが、ばれてしまうじゃないか?
某国営放送に肖像権の侵害だ!と訴えなければ…
「肖像権があるほどの、顔じゃない」と小沢一郎みたいに門前払いで却下されてしまうが…
小沢一郎と同様、顔の悪いのは損をする(泣)

説明会が始まった。
役所らしく、渡した資料を慎重に言質を取られないように読んでいる
そばでニコニコ?ニヤニヤ?笑っている上司がいた
どうやら、これが問題か?

説明会は紛糾した
こちらから見ていると、一方的に攻撃しているようにみえる(マスコミが狙っている構図だ)
前に座っている職員は、うなだれて黙って聞いている
腹の中は何を考えているかわからない

 こういう公務員の態度がきらいだ。
 「上司が何を言っても、私は反対だ!」
 と言うような公務員はいないのか?
 職をなげうって、住民のことを思う職員が…
 いないだろうな。給料が高いから
 やめても民間じゃ使い物にならんだろ

しかし、上司だろうと思う人だけが一方的に答弁する
 その答弁が、絶妙である。
 回答になっていない返事をする 
 う〜ん!上手い。敵ながらあっぱれ!
 あとでテープ起こしをすれば、答えはどこにあるのか探さなければならない

とりあえず弁当の配達が迫っていたので退席したが…

上司のあの余裕のあるにやにやIが気になる
どこに”彼のより所”があるのであろう
お役所仕事だから、法律的には完璧なのだろう
文化庁の予算も取れることが分かっている
それに有識者という学者に文化的裏付けを取っているのだろう
しかし、それだけか?
なにか不気味だ。

町内会にも、市議会にも、話が無くて急に出てきた話、
いや彼らにとっては、市長が替わってから着々と進めてきた仕事なのだろう
その準備が万全なだけに、この程度の反対は想定内であろう

岩手公園の名称を盛岡城趾公園に変えたり
公園を覆うヒマラヤシーダー杉を伐採したり
これは一連の仕事の流れだったのだろう。
後は「市民のガス抜き」だけ?
そんな気がしてならない

多分、彼らの仕事は、時代認識が違っているのだろう?
法律を作ってから動く彼らの仕事は、先を行く時代に着いていかない。

「三丁目の夕日」という映画に代表されるように、今、時代は昭和を求めている
高度成長期からバブルと続き、リーマンショックで、「ちょっとおかしいぞ?」と皆が気づき始めた今の時代
拡大していく経済ではなく、住民がコミュニティを大事にしていた時代。
一人一人が、地域のみんなに見守られていた時代。
それに気がついた若者が、大勢集まって来ている。
そんな時代の象徴が、”さくらやま”なのだ。