久しぶりに春子谷地に行った。
秋の岩手山に、会いに…

まだまだ紅葉には早いが、牧草地は枯れ葉色に染まってきた
そろそろ初冠雪と思ったが、まだその気配は見えない。

そんな日に、Cカップの試着試験の結果を聞きに、睡眠時無呼吸症候群の病院へ行った
大柄の女医は(大柄である。デブではない)早口でまくし立てた

「Cカップを使える人です。Cカップを…」という

Cカップを付けて寝ているのだが、いつの間にか起きると外れている
無意識に取ってしまうらしい
このCカップという奴は、コンプレッサーで空気を強制的に鼻から喉に送り込む
口を開けると喉から、空気があふれ出てくる
口を開けて寝られない

閉めていればなんと言うことはないのだが…
まぁ口を開けて寝るなんて言うことは無いだろうと想ったが…
よく口を開けて(あほ面で)寝ている奴がいる
しかし、それは自分では気がつかない
寝顔は、人には見せられないものだが…
(それで新幹線で、ハンカチを顔にかぶせて寝ているおばさまが、いるのか?)

そのコンプレッサーの圧力を調整するために、「もう一度検査入院をしろ」という
こんどもスパゲッティ症候群になって、あられもない寝姿を撮られるのか?
今度は、足を縛って、みっともない寝姿を撮られないようにしなければ…

しかし、2週間のデーターで、4時間以上付けて寝ていたことは数回しかない
これは、おかしい。
朝まで付いていて起きたことが何回もあるのに…
無意識にスイッチを切ってしまったのか?
途中で無意識で、外して付けていたのか?
大体、起きたときに頭のてっぺんに茶色の粘土状のものが着いていたことがあった
ひょっとして、あふれる脳みそが、漏れてきたのか?

魔子様は「味噌のようなのがついてる」というが…
クソよりは良かったが「あふれる脳みそ」と想いたい

いずれにせよ早く睡眠時無呼吸症候群を治さなければ…
そのうちに安静時無呼吸症候群になり、棺桶時無呼吸症候群になって、
最後に専立時無呼吸症候群になってしまう
(最後の症候群の症状が分からない人は、お問い合わせください。
「檀家募集要項」と「永代供養前払一括振込割引証」と「埋葬許可申請書」をお送りいたします)

次の入院日を決めて、秋の駅前を散策した
春子谷地では、てっぺんに雲がなかったのに…