第42回思い出のメロディーが終わった。
二葉百合子の「岸壁の母」が古かったと思ったら
「銀座カンカン娘」が昭和24年で一番古いようである。
「岸壁の母」は、昭和47年という

確か引き揚げ船で息子が帰ってくるのを待つ母を唄ったモノだが…
あとから作ったものだったのだ

しかし、何か足りない。
そうなんです。
想い出のメロディということなのだから、やはり軍歌を入れないと…
小生が中学生時代、先輩を見送る予餞会で、たしか軍歌を元に寸劇をしたものだった
団塊の世代でもまだまだ、軍歌は歌い継がれていた
なんせ、隠れて行ったパチンコ屋は、軍艦マーチだった
当時、玉が1円で、それが1個2円になるとか…手打ちだったのが、自動になるとか…言っていたころの話である
親の仕送りでパチンコをやっていたので、大きな声では言えないが…

何の話だ?そうそう軍歌の話だ!

「軍歌は厭戦歌だった」という
そういえば勇ましいのは軍艦マーチぐらいで、後はもの悲しい雰囲気が漂う感じの唄が多い
たぶん兵士の間では、望郷の…家族を思う…替え歌があったのだろうと思うが…

資本主義大国のアメリカは、常に戦争をしております
スクラップ&ビルドが資本主義のシステムだから戦争とは切り離せません
そんなアメリカに追随している日本が、また巻き込まれないように…

「厭戦歌を聞きたい」

という多くの人々の要望にこたえて

魂の歌声・天使の歌声と言われる、岩大の日本兵のリサイタルを企画してみだ

日時:9月11日土曜日午後6時〜

場所:こびる食堂in八百よろず屋ちいさな野菜畑

会費:2000円(ワンドリンク付き)
   追加ドリンクは有料(ベアレン500円・陸羽132号もっきり300円。その他ノンアルコールは200円、
   また亭主に一杯呑ませる場合は。持ち込み可)

定員:30名(超えた場合は、立ち見有り)

申込締切:9月10日(定員不足の場合は、当日飛び入り可)

お願い:岩大の日本兵には出演料が払えません。
    もしお気に入りの場合は、お捻りの用意を…

内容:6:30〜一部 厭戦歌 7:30〜二部 昭和の唄

   本リサイタルは、うまくいけば全世界に生中継予定です。
   世界中の参加できない「岩大の日本兵」のファンの皆様、11日夜は、お茶の間で…