岩崎善隆は、カモを引き上げた

水田に放していたカモを、出穂前に引き上げる
稲科の植物の葉は、カモは食べないのであるが、穂は食べるからである
くちばしで稲穂を丸ごと飲み込み、ズスゥーと引き抜くと、穂が全て食べられる
それで引き上げるのだが…


穂が出るまでは、田んぼに入れておいてもエサを少量与えれば良いが…
(エサを大量に与えると、腹がくちくなって葉っぱを食べなくなる。
人間と一緒、タラフク酒を呑んだ後はラーメンライスは入らない。せいぜい大盛ラーメンぐらいである)
田んぼからあげて、これから肉にするのに、大量にエサを与えないといけない。
カモは雑食であるから、何でも食べるがやはり太らせるには。穀物が必要である
クズ米、クズ大豆、クズ麦、人間のクズ(?)、あちこちから貰って…買って…与える
それでも足りないときは、鶏の購入飼料を与える


しかし、一羽一羽大きさが違う。
幼いころ争って食べて勝った奴が骨格が大きいので、デブになる可能性が高い
小生のことを言っているのではない。カモだ!(怒)

カモは、エサを食べるとき必ず水を必要とする
エサを食べて水を飲み、エサを食べて水を飲むを繰り返す
だから地面がぬれて、汚い
人間と一緒、酒を呑んで肴を食べ、酒を呑んで肴を食べる
肴を食べないと悪酔いする、肴を食べるとデブになる
人間の場合は「意地汚い」と言われる


そうして太らして11月〜12月に屠畜をする。
クリスマスのカモ料理に、正月のカモの雑煮に。そして一杯飲むときの鴨鍋に…
やがてくる出番のために、一生懸命、がっつくのである。

人間も一緒である、やがて出番が来るときのために一生懸命働く
なかなか出番が回ってこない人もいるし…
出番がまったく無い人も…
出番があっても、空振りする人も…

カモはいいなぁ〜必ず出番が来る(泣)