ときおり時雨れる中、北上へ行った。
北上は、米の集荷やトウモロコシの集荷で、時々行くが、荷物があるので、いつも車だ。
今回は,酒を呑むので電車で行った。
北上は、第二の故郷である。仙台から北上へ小学校のとき転校し9年間を過ごした街である。
当時は人口3万人の何もない街だったが、今は盛岡に次ぐ岩手第二の街になった。
工場誘致で人口が増え、店が増え、住宅が増え。活気づいているが…
一昨年ののリーマンショックで、これからどうなるか…
そんな街の中学校や高校を卒業した。
その高校の還暦の同窓会が駅近くのホテルであった。
一学年310名の約80有余人が集まった

                 

  顔がわかるけど、名前が出てこない
名前は覚えているが、顔が全然変わった
名前も顔も、まるっきり知らない
まるっきり変わらないのもいる

42年ぶりに初めて…
20数年前に東京で会って以来
近くに住んでいるが、42年ぶり…
10年ほどまえに、なんかの会合で…
人生の途中で、すれ違った人達である

功成り名を遂げた人
「店を手放して、これから何を…」転職して悪戦苦闘している人
「来年から嘱託で…」と定年間近で、次のことを考えている人
「故郷には、もう戻れない」と東京から来た人
「孫のおもりで手一杯」と、年老いた女性が…
「子どもが手を離れたので、パートに…」と

人生色々である。生き方も色々、これからも色々