さんさ踊りを見に行った。
何年ぶりだろう?
たしか、7〜8年ぶりだと思うが…

地元の人は、関係者が出ないとなかなか行かないものであるが…
回りにも「子どもが町内会で出るので…」と言う人が何人かいる

だいたい車を止めるところがない。
またビールを飲みながら眺めても。帰りの車に困る
ビールなしで、夜は過ごせない?(泣)

そんなこんなで、7月になるとあちこちで太鼓の音が聞こえるが…
我関せずで。来ていたが…
今年は、知人の夫妻が見に行くというので連れ立って、見に行った

よく考えてみたら、最初からみたのは、初めてである

    

6時前から延々と二戸のナニャラドヤラの民俗芸能があり、釜石の虎舞があり
後から聞くと中野七頭舞とか。他の民俗芸能もあったらしい
中野七頭舞をみたかったが。いつの間に終わって6時半からパレードが始まった

ところが延々とまた幼稚園。保育園の子どもさんさである

最初は「可愛い」「可愛い」と見ていた客も。延々と続く子どもたちの演技に飽きてきたようである

裏では、酔っぱらいが倒れて救護班に解放されて…

ようやく本番が始まったのは7時を過ぎた

     

もうすこし、工夫が必要な気がするが…

4日もあるのだから、子どもさんさを分散させるとか…
企業と、さんさのプロの集団を交互にするとか…
なんだか、同じものをえんえんと見させられるのは…