自宅の百日紅が、もう一つ色が乗らない

紫陽花は、今頃になってようやく色が付いてきた

足の悪い母が、せっせと両手に杖をつきながら庭の草取りをしている
気丈で頑固な母だが…

最近、淋しくなってきたのか…
出張のパーマ屋が、車で40分かけて時々来る
いろいろと、持ってくる商品を購入しているらしい
今度は、そのグループの温泉旅行に行くという
「足が悪いから…」と言って断ったが
「みんなで連れて行くから…」「グループの社長も来るから…」
と誘っているという

淋しい老人、病弱な老人、金を持っている老人をねらっているネットワークビジネスである。
ネットワークビジネスと名前を変えているが、ネズミ講と一緒である
知っている老人も、4〜50万の羊毛布団を買わされた
友人もはまって、今ベンツに乗って勧誘に走り回っている

関係性までも利用して金に換えようという商売である
金がなくなったら、関係性も切れるのであるが…
万事が金の世の中、そんな社会に誰がしたのか…

これもシルバー産業なのか?
横文字はなんだか怪しい